現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスも遠くない? ホンダ、レッドブルのパフォーマンス向上に“驚き”

ここから本文です
スポーツ 2019.7.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、F1オーストリアGPで優勝を果たした。これによりレッドブルとホンダは、パートナーシップを始めて9戦目で”初勝利”を成し遂げた。続くイギリスGPでもフェルスタッペンは表彰台争いに絡む速さを見せたものの、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の追突によってその望みは断たれた。

 フェルスタッペンはイギリスGPの予選で、パワーユニット(PU)にターボラグの問題が起きなければポールポジション争いができたと考えていた。しかし調査の結果、フェルスタッペンのスロットル操作が速いことが、ターボラグの原因であるとされた。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bay*****|2019/07/21 08:09

    違反報告

    シルバーストンの詳しいデータ見たけどレースペースじゃ多くでフェラーリより速かった。
    レース後のインタビューでもルクレールがレッドブルの方がレースペースじゃ速いって言ってたしバトルじゃ追い回されて反則ギリギリのブロックしてたw
    となるとメルセデスに近いのはレッドブルでそんなに遠くはない事は間違いない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン