現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > IMSA第7戦:マツダ・ヨースト、2戦連続ワン・ツー! ジャービス組77号車が今季初勝利

ここから本文です
スポーツ 2019.7.8

IMSA第7戦:マツダ・ヨースト、2戦連続ワン・ツー! ジャービス組77号車が今季初勝利

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第7戦モスポートは7月7日、カナダのカナディアンタイヤ・モータースポーツ・パークで行われ、マツダチーム・ヨーストのオリバー・ジャービス/トリスタン・ヌネス組77号車マツダRT24-Pが総合優勝を飾った。マツダは僚友55号車マツダRT24-Pが2位に入り、前戦ワトキンスグレンに続いてワン・ツー・フィニッシュを達成している。

 マツダチーム・ヨーストの初優勝に沸いた第6戦からの連戦となった今戦は、シリーズ唯一のアメリカ国外ラウンド。その舞台はハイスピードコーナーが続く高速サーキット、モスポートパークだ。

    IMSA第6戦:苦節6年、マツダがついに初優勝。アキュラ・ペンスキー退けザ・グレンで完全勝利

 6日に行われた予選は、コリン・ブラウン駆るコア・オートスポーツの54号車ニッサンDPiが2019年シーズン初ポールを獲得し、0.074秒差の2番手にリッキー・テイラーがドライブしたアキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05がつけた。3番手は前戦優勝の55号車マツダ、ペンスキーの6号車アキュラARX-05が4番手となった。

 しかし、翌7日の決勝ではポールシッターの54号車ニッサンDPiがスタートドライバーを変更したことでDPiクラス最後尾スタートに。これによって7号車アキュラと55号車マツダがフロントロウに並ぶこととなった。

 労せずトップからのスタートとなった7号車はテイラーが好ダッシュを決めオープニングラップを制すが、55号車マツダのジョナサン・ボマリートがピタリ背後につける。テール・トゥ・ノーズの状態が続いたトップ争いは周回遅れが絡み始めたスタート10分後、ターン8の立ち上がりでGTデイトナ(GTD)車両に引っかかったテイラーをボマリートが交わしたことで決着。55号車マツダはザ・グレンでの初優勝の勢いをそのままに、以後20分の間に11秒ものギャップを築いていく。

 トップ争いの後方では、スタートで4番手からひとつポジションを落としていた77号車マツダのヌネスが、フェリペ・ナッセ駆るウェレン・エンジニアリング・レーシングの31号車キャデラックDPi-V.Rを抜き返して4番手に上がると、ファン・パブロ・モントーヤの6号車アキュラも交わして3番手に浮上。そのまま2番手となった7号車アキュラに迫っていく。

■レース終盤、キャデラックDPiがタイヤバリアに埋まる大クラッシュ

 スタートから1時間10分過ぎ、マツダ・ヨーストとアキュラ・ペンスキーが交互に並ぶオーダーのなかで、2回目のピットストップを迎える。ここで77号車マツダが若干遅れ4番手に後退。

 しかし、このピットインから約15分後、僚友6号車とポジションを入れ替え3番手となっていた7号車アキュラが、スローパンクチャーに見舞われ緊急ピットイン。77号車マツダは3番手となる。7号車アキュラのピットインから8分後、今度は6号車がやや早めのルーティンピットに入ったことで、マツダ勢が見た目上のワン・ツー体制を築いた。

 そのマツダ勢は1時間50分過ぎ、ターン8でパフォーマンス・テック・モータースポーツの38号車オレカ07・ギブソンがクラッシュを喫したタイミングに合わせて2回目のルーティンに入る。だが、ここで首位を走る55号車マツダにアクシデントが発生。左リヤタイヤ交換が終わる前にジャッキが降りてしまい、この影響で僚友77号車マツダに逆転を許してしまう。

 フルコースイエロー(FCY)下で迎えたスタートから2時間過ぎ、レースは6分後にリスタートとなるが、この直後にユンコス・レーシングの50号車キャデラックDPi-V.Rがターン3で大クラッシュを喫す。幸いドライブしていたビクター・フランゾーニは無事だったが、検査のため病院に搬送されている。

 このアクシデントでレースは2度目のFCYが導入され、その後ドライバー救出とマシンの撤去、大きく崩れたタイヤバリアの補修のため、2時間22分時点でレッドフラッグが提示されることとなった。

 レースは残り17分からセーフティカーランで再開されることに。2度目のピットタイミングで首位となったオリバー・ジャービス駆る77号車マツダは、このリスタート直後には1分06秒093というファステストラップを叩き出してリードを広げていく。

 2番手にハリー・ティンクネルが続き、6号車アキュラを挟んだ後方では31号車キャデラックのピポ・デラーニが7号車アキュラのテイラーを強襲して4番手に浮上。さらにその後ろから54号車ニッサンDPiもテイラーに仕掛けるが、ここは両車が接触。ニッサンDPiがグラベルにはじき出されるかたちでスピンを喫している。

 その間にも順調にラップを築いた77号車マツダは109周目にホワイトフラッグを受け、危なげなくファイナルラップを回ってくると110周目にトップチェッカー。初優勝を飾るとともに、2位に入った55号車マツダとマツダチーム・ヨーストに通算2勝目、そして2週連続となるワン・ツー・フィニッシュをもたらした。

 3位には6号車アキュラが入り、31号車がキャデラック勢最上位の4位となった。予選ポールシッターの54号車ニッサンは、終盤のスピンにより7位でのフィニッシュとなっている。

■GTDクラスでアキュラNSX、レクサスRC Fが表彰台に

 2台で争われているLMP2クラスはPR1・マティアセン・モータースポーツの52号車オレカ07・ギブソン(マシュー・マクマリー/ダルトン・ケレット組)がクラス優勝を飾った。2位はクラッシュから復帰した38号車オレカ07。

 GTル・マン(GTル・マン)クラスでは、予選5番手から徐々に順位を上げ、1回目のピットイン後にトップに立ったポルシェGTチームの912号車ポルシェ911 RSR(アール・バンバー/ローレンス・ファントール組)がチーム5勝目をマークした。2位はGTLMクラスポールシッターのBMWチームRLL、24号車BMW M8 GTE、3位にはポルシェの911号車がつけている。

 GTDはクラス首位スタートを切ったターナー・モータースポーツの96号車BMW M6 GT3(ビル・オーバレン/ビリー・フォリー組)が、メイヤー・シャンク・レーシングの86号車アキュラNSX GT3 Evoとの熱戦を制してポール・トゥ・ウインを達成。スタート以降、つねにトップ争いに加わった86号車NSXはクラス2位、同3位には予選6番手から追い上げをみせたエイム・バッサー・サリバンの12号車レクサスRC F GT3が入った。

 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の次戦はふたたびアメリカに戻っての戦いに。7月20日に行われる第7戦ライムロック・パークはGTLM、GTDのみがエントリーする“GTオンリーラウンド”だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します