現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル、FLを記録しハミルトンのグランドスラムを阻止「今回は敗北。でも勝つことを絶対諦めない」:フェラーリ F1フランスGP

ここから本文です
スポーツ 2019.6.24

ベッテル、FLを記録しハミルトンのグランドスラムを阻止「今回は敗北。でも勝つことを絶対諦めない」:フェラーリ F1フランスGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1フランスGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは5位だった。

 ベッテルは7番グリッドからミディアムタイヤでスタート、53周のレースの25周目にハードに交換、51周目にソフトを履いてファステストラップを記録した。

    ベッテル予選7番手「パフォーマンスに波があり、Q3で突然グリップを失った」:フェラーリ F1フランスGP土曜

 最初の数周でポジションを守り切った後、マクラーレン2台を抜いて5番手に上がったベッテルは、前のマックス・フェルスタッペンを追うが、接近することができなかった。終盤、後ろとのギャップが大きかったため、チームはベッテルにファステストラップを狙わせることに決めた。ベッテルは直前にルイス・ハミルトンが記録したタイムを0.024秒更新し、1分32秒740でボーナスポイント1点を確保した。

 ライバル、ハミルトンはこのグランプリで、ポールポジション、優勝、決勝全ラップリードを達成したが、ベッテルがファステストラップを獲得したことで、“グランドスラム”には至らなかった。

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=5番手
 ライトが消えるタイミングに少し驚いて、スタート直後に混乱したけれど、その後は、とても孤独なレースだった。マクラーレンとのバトルは楽しかったよ。最初は(ランド・)ノリス、その次はカルロス(・サインツ)と戦った。ファーストスティントは好調で、シャルル(・ルクレール)やマックスとのギャップを縮めることができた。

 でもセカンドスティントではバランスの問題が出てきて、マシンの感触があまり良くなかった。

 今日は5位が最大の結果だったと思う。シャルル、マックス、僕の3人はほぼ同じペースで走っていたからね。でもファステストラップを記録したことで、1点余計に獲得することができた。

 ここに持ち込んできたパーツの一部が期待していたように機能せず、金曜にかなり厄介な状況になった。どうしてそうなったのか、調べる必要がある。僕らのマシンにはまだ十分な強さはないから、僕ら自身の力でよくしていかなければならない。今はメルセデスに勝てるだけのペースはない。でもマラネロの全員がポジティブなプレッシャーと情熱のもとで懸命に作業を進めている。

 今週末は、(メルセデスとの)ギャップを大幅に縮めるという大きな目的を掲げていた。それは達成できなかったので、そういう意味では失敗だ。でもだからといって諦めたりはしない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します