現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サインツJr.、F1がより公平なルールになることを願う。「現状を変えるために、早急な規則変更が必要」

ここから本文です
スポーツ 2019.6.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンF1チームのカルロス・サインツJr.は、現在中団グループでレースを争う才能あるドライバーたちを維持したいのであれば、F1には競技をより公平にするための規則改変が必要だと警告している。

 今季もこれまでのところ、メルセデス、フェラーリ、レッドブルが表彰台を独占している状況を受けて、サインツJr.は「現在のトレンドを変えるために、F1では早急に規則を改変することと、洗練させることが必要だ」と語った。

    サインツJr.「捨てバイザーがブレーキダクトを塞いだせいで、序盤のピットインを強いられた」:マクラーレン F1カナダGP日曜

 彼自身は“トップ3チーム以外での最高のドライバー”のひとりだ。しかし、いつの日かその称号も、F1に居続けるモチベーションにならなくなると彼は考えている。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン