現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 第103回インディ500デイ2:アロンソが最初の壁の餌食に。トップはニューガーデン。琢磨はレースセットアップに専念

ここから本文です
スポーツ 2019.5.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インディカー・シリーズ第6戦にスケジュールされている第103回インディ500。15日に走行2日目となるプラクティス走行が行われ、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)がトップスピードを記録した。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は17番手。フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・レーシング)はクラッシュを喫し、29番手だった。

    【順位結果】第103回インディ500プラクティス走行2日目

 7時間の走行時間が設けられたプラクティス2日目。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン