現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 矢継ぎ早に飛ぶ厳しい質問に、「正しい決断だった」と主張を曲げないフェラーリ代表/F1第3戦中国GPレース後会見

ここから本文です
スポーツ 2019.4.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ふたりのドライバーとチーム代表を交えたフェラーリのレース後会見が、マッティア・ビノット新代表が就任した今年から復活した。去年までのマウリツィオ・アリバベーネ代表時代は、本人が出席を嫌がっていつのまにか廃止されていたものだ。

 われわれ報道陣にとっては当事者たちのレース直後の肉声が聴けるだけに、もちろんこの措置は大歓迎である。しかしメルセデスに惨敗したF1第3戦中国GPレース後の会見では厳しい質問も矢継ぎ早に飛び、時おり緊迫した雰囲気に。出席した3人には、さぞ居心地の悪いものだったことだろう。

    ホンダF1山本MD 中国GPインタビュー:「的確な判断を下すレッドブルは、とにかくレースに対する引き出しが多い」

──チームオーダーに関して、あなた自身は納得できていますか。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン