現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルのガスリー、ホンダ製パワーユニットの出力低下を訴えるも……問題は軽微。土曜以降への走行には影響なし

ここから本文です
スポーツ 2019.3.15

レッドブルのガスリー、ホンダ製パワーユニットの出力低下を訴えるも……問題は軽微。土曜以降への走行には影響なし

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのピエール・ガスリーは、F1開幕戦オーストラリアGPのフリー走行2回目(FP2)終盤にホンダのパワーユニット(PU)の出力低下を訴えた。しかしこれは深刻なトラブルではなかったようだ。

 ガスリーはレッドブルに昇格後、初めてのグランプリ初日を迎えた。しかしFP2の終盤にPUの出力低下を訴えてピットに帰還。そのままセッションを終えることになった。

    【F1動画】2019年F1開幕戦オーストラリアGPフリー走行2回目ハイライト動画

「最後の周回で、僅かにパワーの低下を感じた。だからそれを調べるために、ピットインすることを決めた」

 同セッションを4番手で終えたガスリーは、そう語った。

 その後、PUはホンダによりチェックされ、詳細は不明ながら軽微な問題があったことが確認されたという。しかしこれについては、土曜日の走行に影響を及ぼすことはなさそうだという。

 ガスリーはFP2を前述の通り4番手で終えた。これは、今季のチームメイトであるマックス・フェルスタッペンのすぐ後ろの順位……ガスリー曰く、マシンの進歩という面では、大いに励まされたという。

「ポジティブな1日だった」

 ガスリーはそう語った。

「僕はマシンと共にできる限りのことをした。でも、やるべきことはまだまだある」

「予想通り、メルセデスが速いということを、僕らは目撃したと思う。そして現時点では、パッケージを最大限に活かす方法を見つけることに集中しようとしている」

 フェルスタッペンも、レッドブルにはまだまだ改善の余地があると考えている。

「僕らは自分自身のことを見ることしかできない。そして、改善すべきモノが確かにある」

「そういうモノは、誰もが持っていると思う。だって今日はシーズン最初の1日なんだからね。だから大丈夫だ。メルセデスはとても速いように見える。僕らにはやるべきことがたくさんあるし、たくさんのことを分析するつもりだ」

「エンジン(PU)については何も問題はなかった。とてもスムーズに動いていたし、良かった。明日は、もっと多くのモノをそこから引き出すつもりだ」

 オフシーズンテストが終わった時点では、今季の最有力候補と目されていたフェラーリ勢。しかしFP2ではセバスチャン・ベッテルが5番手、シャルル・ルクレールが9番手となった。

 フェラーリはまだまだ実力を隠しているのか? それについて問われると、フェルスタッペンは次のように語った。

「僕は知らない。それは彼ら(フェラーリ)に尋ねるべきだよ! それについての答えは、僕は持ち合わせていない。僕らは自分自身のことに集中するだけだし、まだやるべきことがある……それだけだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble, Scott Mitchell)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します