現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 清水宏保を継続起用。ネッツトヨタ東京、2019年はGR Tokyo Racingとして3カテゴリーに参戦へ

ここから本文です
スポーツ 2019.3.15

清水宏保を継続起用。ネッツトヨタ東京、2019年はGR Tokyo Racingとして3カテゴリーに参戦へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月13日、ネッツトヨタ東京は2019年のモータスポーツ活動体制を発表し、TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceなど3つの参加型モータースポーツカテゴリーに参戦することを明らかにした。

 ネッツトヨタ東京は2018年シーズン、国内最大級のワンメイクシリーズである86/BRZ Raceに加えて、TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race(ヴィッツレース)、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジに参戦した。

    長野五輪金メダリストの清水宏保、ネッツトヨタ東京から2018年のヴィッツレースに参戦

 今季については、チーム名をトヨタ販売グループの東京直営販売店融合に伴い、従来のネッツ東京レーシングからGR Tokyo Racingへと改める。また、その活動拠点をGR Garage東京三鷹に移すこともあわせてアナウンスされた。

 具体的な参戦体制ではまず、昨シーズン、86/BRZ Raceに参戦していた社員ドライバーの水谷大介が、今季はクラブマンシリーズからプロフェッショナルシリーズにステップアップを果たし、シリーズ全8戦に出場することに。

 一方、ヴィッツレースでは同じく社員ドライバーの長山等と、2018年シーズンから参戦を開始した長野オリンピック男子スピードスケート金メダリストの清水宏保の継続起用が決定。また、2014年から同シリーズに参戦し、スーパー耐久シリーズST5クラスの参戦経験を持つ女性ドライバー、咲川めりを新たなメンバーに迎えている。

 ラリー競技では塚本奈々美とコドライバー寺田昌弘のコンビが、2018年シーズンに引き続きTGRラリーチャレンジで起用される。2名はトヨタ86でC-3クラスの12戦中6戦に出場する予定だ。

 さらにGR Tokyo Racingは社員公募ドライバーを起用してC-1クラスにトヨタ・アクアで、C2クラスにはトヨタ・ヴィッツで参戦するという。なお、2016年より同チームから86/BRZ Raceに参戦していた脇阪寿一については今回、アナウンスがなされなかった。

■GR Tokyo Racing 2019モータースポーツ活動体制
レース名シリーズ/クラス参戦レース数ドライバー・コドライバー86/BRZ Raceプロフェッショナル8戦中8戦水谷大介ヴィッツレース関東シリーズ他5戦中5戦長山等ヴィッツレース関東シリーズ他5戦中5戦清水宏保ヴィッツレース関東シリーズ他5戦中5戦咲川めりTGRラリーC-3(86)12戦中6戦塚本奈々美・寺田昌弘TGRラリーC-1(アクア)12戦中4戦社員公募Dr.・長山等TGRラリーC-2(ヴィッツ)12戦中4戦社員公募Dr.・咲川めり

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2019/03/15 08:15

    違反報告

    金メダリストの清水宏保の継続起用が決定
      ↑
    なんでこんな脳筋使うんやネッツ東京さん、こんな輩使ても宣伝にも何にもならんがな。
    才能が有り、尚かつ結果を出してる選手達がいるやろ?
    例えば東北のO君や、彼なら間違い無くチャンピオン穫れるで。
    もう少し戦略を考えた方がエエわネッツ東京さん。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します