現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダのアルボンが2番手タイムで走行終了。「信頼性の高さに支えられて、テストを成功させることができた」

ここから本文です
スポーツ 2019.3.1

トロロッソ・ホンダのアルボンが2番手タイムで走行終了。「信頼性の高さに支えられて、テストを成功させることができた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンが、2019年プレシーズンテストでの走行をすべて終了、満足いくテストだったと振り返った。

 第2回テスト3日目、アルボンは118周を周回、午前中に最もソフトなC5タイヤで出した1分16秒882で13人中2番手となった。

    レッドブル代表「テスト最終日に復帰し、クラッシュによる遅れを取り戻す」

「冬のテストの流れにとても満足している。たくさんの周回を走り、走行時間を最大限に活用することができた」とアルボンはコメントした。

「他のチームの状況は開幕戦のメルボルンで走り出すまでは分からないだろう。でもこの4日間の自分たちのテストについては満足していいと思う」

「今日も100周以上を走れた。それが、チームのハードワークとホンダの信頼性の高さを証明している。テストに向かう時に考えることは、できる限り多くの周回を走りたいということで、僕らはそれを実行したんだ。それによってたくさんのことを学び、マシンになじむことができた。信頼性が高くなければできなかったことだよ」

「全体的に見て、マシンの状況はいいと思う。悪い意味での驚きは一切なかった。明日テストを終える前に確認すべきことはまだいくつかあるけれど、このマシンにおいて何がうまく機能するのかを調べるためにたくさんのテストをすることができたから、このプレシーズンテストは成功だったと思う。チームは、向上を図っていけるようにマシンの基礎をしっかり固めてくれた」

■「マシンのペースはまずまず」とトロロッソ
 副テクニカルディレクターであるジョディ・エジントンは、アルボンのテスト最終日を次のように振り返った。

「アレックスにとって今日が冬のテストの最終日だったので、今日は予選とレースのシミュレーションに焦点を当て、その他の時間を使ってさまざまな確認や空力テストも行った」

「彼は予選シミュレーションで大きく進歩し、各タイヤと路面の変化にもうまく対応できた」

「午後のレースシミュレーションは、赤旗の影響で完了できなかったが、C1タイヤも使用した。ロングランでのタイヤの最適な使い方を学習することで、彼の自信を高めることができたと思う。同時に貴重なタイヤデータを集め、エンジニアに提供することができたので、テスト最終日に向けて分析してもらう」

「ペースにはある程度満足している。タイヤの摩耗とグレイニングが話題になっており、2019年シーズンのなかで、どのチームもそれに苦労する場面があるだろう。今回のテストでは、その影響を最小限に抑えるにはどうしたらいいかを調べる機会も得た」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • you*****|2019/03/02 11:22

    違反報告

    ちょっとアルボンにはいい意味で予想を裏切られましたね。テストとは言えちゃんとタイムは出せるし、なによりマシンを壊さなかったのが良いと思う。本番が楽しみです。
  • tec*****|2019/03/01 17:26

    違反報告

    ニッサンと揉めてまで獲得しただけあってひょっとして本物か。

    今シーズン次第ではレッドブル昇格も近いかな?

  • moc*****|2019/03/02 14:52

    違反報告

    若くてルーキーの割にはしっかりしててコメントも素晴らしい
    ホンダとの二年目ということもあり落ち着いてテストに望めたのではないでしょうか。
    兄チームがダメでもトロロッソが順調な分姉妹グループとしては
    とても救われたのではないかと思います。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します