現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 第1回バルセロナテスト4日間のデータで見るレッドブル・ホンダの現在地

ここから本文です
スポーツ 2019.2.23

第1回バルセロナテスト4日間のデータで見るレッドブル・ホンダの現在地

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カタルニア・サーキットでの第1回F1プレシーズンテストは興味深いものだった。最速タイムを出したドライバーが、必ずしも4日間の走行で最長距離を走ったわけではない。

 2018年とは対照的に、今週のカタルニア地方は天候に恵まれ、各チームは妨げられることなくそれぞれのプログラムをこなした。また、特にホンダを始めとしてすべてのマニュファクチャラーのパワーユニットに高い信頼性があったことも幸いした。

    【ブログ】ベテラン広報の手腕で昨年と様変わりしたフェラーリ会見/F1バルセロナテスト現地情報(2)

 走行距離の点ではメルセデスが総計610周と最長距離を走行したが、次点のフェラーリは598周にとどまった。

 上位2チームの走行距離はレーシング・ポイントの2倍以上にあたる。『FW42』の走行開始が遅れたウイリアムズを当然のことながら除くと、レーシングポイントはこの週で最も周回数が少なかった。


■各ドライバーのベストタイムデータ


 ラップタイムの集計リストを見ると、トロロッソのドライバー2名ともがトップ6位内に入っているが、これに関しては燃料の積載量の影響があると見るのが妥当だ。

 トップの6名は、このベストパフォーマンスをピレリの最もソフト寄りのコンパウンドであるC5で達成した。

 チームメイト同士のバトルに注目するのは、プレシーズンテスト中にはあまり意味のないことだが、興味深いことにアルファロメオのコンビ以外は、ルーキーや新加入のドライバーが、より経験と実績を積んでいるチームメイトよりも優位に立つケースが目立った。

 たとえば、トロロッソではアレクサンダー・アルボンがダニール・クビアトよりも速く、マクラーレンではランド・ノリスがカルロス・サインツJr.を僅差で抜いた。またレッドブルではピエール・ガスリーがマックス・フェルスタッペンよりも速いタイムを出している。

 全体として、各チームとも第2回プレシーズンテストに向けて万全な準備ができたことだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します