現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPクラス参戦3年目のKTMファクトリー、2019年仕様RC16各部ショットを公開

ここから本文です
スポーツ 2019.2.13

MotoGPクラス参戦3年目のKTMファクトリー、2019年仕様RC16各部ショットを公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月12日に行われたレッドブルKTMファクトリー・レーシングの2019年シーズン参戦体制発表会で、KTMのMotoGPマシン、2019年型RC16がお披露目された。また、KTMのサテライトチームとして誕生した、レッドブルKTMテック3のマシンもこの日、アンベイルされている。

 2019年仕様のKTM RC16はカラーリング、デザインともに大きな変更はないようだ。スイングアームの形状が少し変わっているが、基本的には2018年型を踏襲しているとみられる。外観からは大きな変容を伺うことはできないものの、2019年でMotoGPクラス参戦3年目となるKTM。内部の熟成が進んでいることは想像できる。

    KTMが2019年MotoGP参戦体制を発表。サテライトチーム、テック3のRC16カラーリングもお披露目

 また、サテライトチームのレッドブルKTMテック3は、2月上旬にマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで行われた公式テストではブラックとホワイトのカラーリングが施されたKTM RC16を走らせており、KTMのサテライトチームの正式なマシンカラーリングのRC16がこの日、初お目見えした形となった。

 デザインとしては、ファクトリーチームのマシンとほぼ変わらない。カラーリングは深い青を基調としており、オレンジを差し色として、“RedBull”の文字とロゴにはシルバーが用いられている。

 新しいカラーリングのレッドブルKTMテック3マシンは、2月23~25日にカタールで行われるMotoGPクラスの公式テストでお目見えするとみられる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します