現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダは冬の間に進歩を遂げた……新パートナーに対する、レッドブルの厚い期待と信頼

ここから本文です
スポーツ 2019.2.6

ホンダは冬の間に進歩を遂げた……新パートナーに対する、レッドブルの厚い期待と信頼

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、今季から新たにパートナーシップを組むことになるホンダについて、冬の間に目標を達成し、2019年シーズンには前進できると期待していることを語った。

「彼らは力強い冬を過ごしたと思う」

    ■フェルスタッペン、レッドブル・ホンダ”1号マシン”をシミュレータで体験「とてもポジティブな感触」

 ロンドンで行われたメディアイベントで、ホーナーはそう語った。

「レッドブル・テクノロジーは、トロロッソへギヤボックスとドライブトレインを提供してきた。つまり、ホンダとはすでに12カ月にわたって共に戦ってきたということになる。そのため、我々は舞台裏で彼らの進歩を見てきた」

「レギュレーションが安定しているということは、彼らを助けるということにつながると思う。彼らはコンセプトを決め、そしてF1への復帰を果たして以来初めて、3年にわたってコンセプトを継続させた」

「他のチームがどんなことをしてきたかということ次第だが、彼ら自身としては良い進歩を遂げている」

 ホンダが2019年シーズンに向けて改善すべき部分、それは信頼性だ。姉妹チームのトロロッソは、昨年数多くのグリッド降格ペナルティに見舞われた。しかしレッドブルとしては、それを避けたいところのはずだ。

 とは言えホーナー代表は、レギュレーションで許されている基数以上のコンポーネントを使うことになったとしても、気分を害することはないと語る。

「3基のエンジンで21レースを戦うのは、明らかに難しい挑戦だった」

 そうホーナー代表は言う。

「もしシーズン途中で1回や2回ペナルティを受けることがあったとしても、我々は一貫して進化し続けるところを見たいと思う」

「昨年も見たように、適切なサーキットでペナルティを受ければ、その影響はごく僅かだ」

「進歩を続け、その方向が正しいモノである限り、新しいパートナーと共に仕事をすることについては、とても興奮している」

 レッドブルは、以前のパートナーであるルノーとの関係を悪化させた。しかしホーナーは、ホンダとの関係が同じようにはならないと信じている。

「これは全く異なるシナリオだ」

 そうホーナー代表は語った。

「我々はカスタマーとサプライヤーの関係だった。事実上、ファーストクラスのチケット代金を支払いながら、エコノミーシートにしか座れなかったようなモノだ」

「非常にフラストレーションを感じていた。そしてルノーのマネジメントチームは、我々との関係が始まった時とは異なる顔ぶれだった」

「ホンダとは、真の意味でのテクニカル・パートナーシップだ。カスタマーとサプライヤーという関係性ではなく、双方にはより集団的な責任がある」

「100%綺麗な紙のようにいくとは思っていない。しかし、我々が期待しているのは、ここ数年立ち止まっていた場所から、一歩進んだパフォーマンスを発揮できるようになることだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します