現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 肺移植のラウダ、インフルエンザで再び集中治療室に入院

ここから本文です
スポーツ 2019.1.7

肺移植のラウダ、インフルエンザで再び集中治療室に入院

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1で3度タイトルを獲得し、現在メルセデスのノンエグゼクティブチェアマンを務めるニキ・ラウダは、2018年夏に肺の移植手術を受けた後、10月に退院したものの、年末にインフルエンザにかかり、再び入院したことが分かった。

 手術後、長期にわたって集中治療を受けた後に退院、オーストリアに戻ったラウダは、クリスマスをスペインのイビサ島で家族と共に過ごしていた。しかしその際にインフルエンザにかかり、ウィーン総合病院の集中治療室に入院したと、オーストリアのKroneが伝えている。肺移植を行ったために医師は慎重な対応をしているが、ラウダの状態は深刻ではなく、1週間程度で退院できる見通しであるとの報道もなされている。

    ラウダ、ベッテルからの手書きの手紙に感激。順調に回復し「ひと月で元通りに」と2019年の復帰も示唆

 2月に70歳になるラウダは、2018年シーズン後半はサーキットを訪れることができなかったが、2019年にはF1の現場に復帰する意思を示している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します