現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年にF1デビューを果たすラッセル、クビカのチームメイトという立場を喜ぶ

ここから本文です
スポーツ 2018.12.27

2019年にF1デビューを果たすラッセル、クビカのチームメイトという立場を喜ぶ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイリアムズのルーキーであるジョージ・ラッセルはF1初シーズンに向けて、復帰したロバート・クビカは自身とって完璧なベンチマークとなり、彼の経験はチームの利益になるだろうと考えている。

 ウイリアムズの開発ドライバーとして1年を過ごしたクビカはチームのレースシートを獲得し、新加入のラッセルのチームメイトとなる。

    ウイリアムズ首脳「当時18歳だったストロールのF1デビューは早すぎた」と指摘

 34歳のクビカはレギュラードライバーだったセルゲイ・シロトキンの後任として選ばれている。彼が最後にF1でレースをしたのは2010年であり、ラリー事故でグランプリでのキャリアを中断する前のことだった。

 ラッセルは、クビカがチームにとって財産であることが証明され、また、好敵手として自身の実力を測る相手になると考えている。

「ロバートのチームメイトになれたことに興奮している」とラッセルは語った。

「彼の天性の才能に疑いの余地はないと思う。モチベーションも非常に高く、技術面でもマシンについて幅広い知識を持っている。それにウイリアムズが2018年に厳しい年を送ったことは、誰もが知っている」

「彼の経験と、僕のメルセデスで得た経験による知識があれば、ふたりでチームに大きなものをもたらすことができると思う」

「彼はコース外でも素晴らしい人間なんだ。エンジニアリング面でも膨大な知識を持っている。それに彼のスピードと才能は確かなものだ」
「ロバートのような人とチームメイトになって戦い、自分にできることを示したいと思っていた」

 しかしながら2019年の成功を思い描く前に、ウイリアムズには性能の良いマシンを作るという責任があるが、2018年の試みは無残にも失敗に終わっている。

「来シーズンの目標はとてもはっきりしている。ウイリアムズをポイント圏内の戦いに戻し、中団グループのトップにすることだ」とラッセルは付け加えた。

「僕たちは認められたいし、良い結果を出したい。もし僕がチームメイトに打ち勝っても、それが最下位争いでは誰にとっての喜びにも誇りにもならない」

「僕とロバートはともに懸命に取り組み、まずチームを本来いるべき場所に戻す。結果がどうなるかは、その後で分かるだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します