現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECに2020年登場のハイパーカー、市販車パワートレインとの関連を義務付け。前後に可動空力デバイス搭載

ここから本文です
スポーツ 2018.12.6

WECに2020年登場のハイパーカー、市販車パワートレインとの関連を義務付け。前後に可動空力デバイス搭載

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界耐久選手権(WEC)に2020/21シーズンに導入される、ハイパーカーのコンセプトプロトタイプは、市販車ベースのパワートレインを使用することが義務付けられるようだ。

 12月5日(水)のFIA世界モータースポーツ評議会で議論された結果、WECで使用されるハイパーカーの内燃機関(エンジン)及びフロントアクスルに搭載されるエネルギー回収システム(モーター)は共に「一般道での使用のために公認された一連の生産車用のユニット」に基づいている必要があることが決定された。

    ■”新時代”の扉を開いたトヨタ。2020年からの新しいWECに期待

 さらに、そのユニットがWECで使用される最初のシーズン終了までに、元となったエンジンを搭載した市販車が25台、ハイブリッドシステムを搭載した市販車が25台製造されなければならない。これらの数字は、2シーズン目の終了後に100台に引き上げられる。

 エンジンの改造については、エンジンブロックとシリンダーヘッドを除いて自由。一方で、ハイブリッドシステムのモーター-ジェネレーターユニットは改造が禁止される。

 レギュレーションの中核をなすのが、マシンパフォーマンスに関する規定だ。車両のダウンフォースやドラッグ、全体的な空力効率についても、レギュレーションで規定されることになる。

 エンジンの最大出力は520kW(約697bhp)と定められ、そこに最大200kW(約268bhp)のハイブリッドパワーが加えられることになる。

 マシンの最低重量は1040kgで、マシンの重量バランスについてもレギュレーションで定められている。前後の重量バランスは48.5対51.5を基準に、プラスマイナス1.5%が許容されている。

 特徴的なのは、マシン前後に可動空力デバイスの装備が許されていることだ。それぞれの装置は、F1で使用されているDRSのように、ドライバーの直接的な操作で2つのポジションを切り替えることができるようなデバイスとなる。

 2020年から2024年まで使用される予定の新ルールにおいて、マシンは厳格なホモロゲーションによって管理されるが、マニュファクチャラーまたはコンストラクターは、2つの異なるデザインで公認を取ることができ、5年間で5回”ジョーカー”を使ってアップグレードすることが許される。

 WECのプロモーターであるACO(フランス西部自動車クラブ)はLMP1クラスに代わる、新しいクラスの名前をファンから募集するつもりのようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Gary Watkins)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します