現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リカルド、レッドブルF1とお別れ。ファクトリー訪問でスタッフから2時間サイン攻めに

ここから本文です
スポーツ 2018.12.3

リカルド、レッドブルF1とお別れ。ファクトリー訪問でスタッフから2時間サイン攻めに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年限りでレッドブルを離れるダニエル・リカルドは、11月30日(金)にチームのファクトリーを公式訪問。チームスタッフとの別れを惜しんだ。

 2008年からレッドブルの育成プログラムに参加し、2014年からはレッドブルF1チームで戦ってきたリカルドは、今シーズンの夏休み中に電撃移籍を発表。2019年からはルノーワークスチームの一員となる。

    ■パワー&信頼性の両面で、ホンダとの2019年に期待するレッドブル「あと50馬力あれば今季は違って見えた」

 金曜日、リカルドはチームメイトのマックス・フェルスタッペンと共に、ファクトリーを公式訪問。ふたりは2時間近くにも渡って、チームスタッフを対象にサイン会を行なった。

 チーム代表のクリスチャン・ホーナーも加わり、通常レース後に行なっているようにシーズン最後の2戦をレビュー。その後、リカルドとチームが過ごした時間を振り返るハイライト動画が流された。

 さらに、リカルドにチームからサプライズでプレゼントも用意された。トライアルバイク界のレジェンド、ドギー・ランプキンが現れ、リカルドにレッドブルカラーのバイク、KTM 350 SXFを届けたのだ。

 今季の最終戦アブダビGPはレッドブルとリカルドのラストレースとなったが、リカルド自身にとっては通算100戦目のレースでもあった。

 レース前、引退するわけでもないのに注目されていることが嬉しいとジョークを飛ばしていたリカルドは、チームを離れることについて、感傷的になりすぎてはいないと語っていた。

「僕があまりそのことを考えすぎないでいられるのは、僕が引退するわけじゃないからだ」

「もし引退するなら、また別だと思う。僕はいわば、次のドアに向けて進んでいるだけだからね」

「それに僕にはまだ、引退する準備ができていないと確信することができた。何人かと、引退のし方について話したことがあるけど、僕は『引退するなんてまっぴらごめんだ!』って思っているんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Glenn Freeman)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します