現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ニッサンDPiで通算4勝挙げたESMがIMSA撤退へ。新スポンサーの確保に難航

ここから本文です
スポーツ 2018.12.3

ニッサンDPiで通算4勝挙げたESMがIMSA撤退へ。新スポンサーの確保に難航

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2010年より北米スポーツカーシリーズに参入し、2017年からはIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)にニッサンDPiを投入。2シーズンで通算4勝を挙げたエクストリーム・スピード・モータースポーツ(ESM)が9年間の活動にピリオドを打ったと伝えられている。

 世界的なプレミアム・テキーラブランドと知られる『テキーラ・パトロン』とタッグを組み、テキーラ・パトロン・ESMの名で近年の北米スポーツカーシリーズで存在感を示してきたESM。

    IMSA:テキーラ・パトロン、2018年限りでモータースポーツへのスポンサードを終了へ

 2010年にALMSアメリカン・ル・マン・シリーズのGTクラスに参戦したチームは、2013年からホンダエンジンを搭載するLMP2カーでプロトタイプクラスにスイッチすると、2016年にはALMSから転じたWSCCの開幕戦デイトナ24時間で総合優勝を飾った。

 また、同年は北米シリーズの参戦と並行してWEC世界耐久選手権のLMP2クラスにもフル参戦するなど精力的な活動を展開。翌2017年からは、LMP2カーをベースにボディ形状とエンジンを変更することで自動車メーカーのオリジナルプロトタイプカーとする“DPi規定”に基づく『ニッサンDPi』を開発し、デビューイヤーに2勝を挙げると、2018年シーズンも伝統のセブリング12時間を含む2勝をマークしている。

 そんなESMの事業停止は今年7月、スコット・シャープとともにチームを設立したテキーラ・パトロンのエド・ブラウンCEOが、同社のモータースポーツ事業からの撤退を表明したことに端を発した。

 その後、ESMはパトロンの離脱後もチームを存続させ、2019年も引き続きWSCCでニッサンDPiを走らせるべく新たなスポンサーを探すも、充分なスポンサー資金を集めることは叶わず。

 現時点でシャープ氏ならびにESMから正式なアナウンスはなされていないが、複数の情報筋によるとチームは所有するニッサンDPiとリジェのLMP3カーのほか、トランスポーターやピット機材などを他チームに売却したという。

 ESMはこれまでALMSの2009年王者であるシャープをはじめ、ライアン・ダルジール、ニコラ・ラピエール、オリビエ・プラ、2010年の設立時からチームに所属し今季最終戦をもって引退したヨハネス・バン・オーバービーク、若手のピポ・デラーニなど強力なラインアップを擁立してきた。

 また、かつては元F1ドライバーのブルーノ・セナやブレンドン・ハートレーなども同チームのマシンで北米スポーツカーの最高峰カテゴリーを戦っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します