現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ、小林可夢偉がデイトナ24時間参戦か。2017年王者、WTRに加入との報道

ここから本文です
スポーツ 2018.11.27

アロンソ、小林可夢偉がデイトナ24時間参戦か。2017年王者、WTRに加入との報道

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TOYOTA GAZOO Racingの一員としてWEC世界耐久選手権を戦うフェルナンド・アロンソと小林可夢偉が、IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ開幕戦のデイトナ24時間に参戦すると伝えられている。

 複数の情報筋によると、トヨタに所属するふたりの元F1ドライバーは2019年1月25~27日、アメリカ・フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われる伝統のデイトナ24時間に、2017年のウイニングチームで同年のシリーズチャンピオンにも輝いているウェイン・テイラー・レーシング(WTR)から参戦するという。

    2度目のデイトナ24時間参戦目論むアロンソ、総合優勝争うDPiチームと接触か

 10号車キャデラックDPi-V.Rを走らせているWTRは、レギュラードライバーにランガー・バン・デル・ザンデとチームオーナーのウェイン・テイラーの実子、ジョーダンを擁す強豪チーム。ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ2018年は連覇を逃すも、最終戦プチ・ル・マンで総合優勝を飾っている。

 そんなチームは、その過酷さ故に通常4~5名のドライバーを起用するデイトナ24時間で、アロンソと可夢偉をドライバーラインアップに加えるとみられる。

 チームを率いるテイラーはSportscar365の取材に対し「まだ確定していない」と前置きをしつつ、現在5名のドライバーと契約をまとめている最中だと語った。また、28日(水)にも正式発表を行うという。

 この話が実現すれば、今年1月マクラーレンのザック・ブラウン率いるユナイテッド・オートスポーツでスポーツカーデビューを果たしたアロンソは、2年連続でデイトナ24時間参戦を果たすことに。

 一方、可夢偉はコニカミノルタがメインスポンサーを務めるチームで初めてアメリカン・スポーツカーシリーズに参戦することとなる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します