現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ミラー、バレンシアGPのレース運営に怒り。赤旗のタイミングは「ジョークかと思うくらい遅すぎ」|MotoGP最終戦

ここから本文です
スポーツ 2018.11.20

ミラー、バレンシアGPのレース運営に怒り。赤旗のタイミングは「ジョークかと思うくらい遅すぎ」|MotoGP最終戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プラマック・ドゥカティのジャック・ミラーは、コンディションの悪化によりMotoGP最終戦バレンシアGPが13周を終えた時点で中断されたことについて、ジョークかと思うほど時間がかかりすぎたと批判している。


 週末を通して天候が不安定だったバレンシアGP。最高峰クラスのレース前、天候は小康状態を保っていたが、各車がグリッドへの試走を始めると雨脚が強まり、路面状況が悪化していった。

    ■MotoGPコラム:さらばリトル・サムライ。ペドロサの中で生き続ける武士道精神

 そんな中、27周のレースがスタートするが、前半の13周でミラーを含めて11人のライダーが転倒。結局14周目に赤旗が掲示され、レースが中断されることに。雨が降り止むのを待ち、13周が終わった時点で走行していたライダー16人により、14周の”ヒート2”が争われた。


 ミラーは5周目にクラッシュしレースを早々にリタイア。その後、転倒するライダーが続出するのを見守り、ピットで怒りを募らせていたという。

「僕がジョークみたいだったと言ったのは、もっと前にレースを止めるべきだったという意味だ」

 ミラーはレース後、そう語った。

「自分の転倒について言い訳をしているわけじゃない。でも例えば12周目に転倒したマーベリック(ビニャーレス/ヤマハ)は、ほとんどストレートの部分でクラッシュしていた……」

「それは普通じゃない。水の量が多すぎたせいだ」

 実は、金曜日の段階でライダーの中に路面状況を懸念する声があったという。金曜日に行われた安全委員会で、ライダーたちは安全にレースが行われるよう要求をしていたが、ミラーはこれが無視されたと感じたようだ。

 さらに彼は、レースディレクションはレース距離の4分の3を消化するまで走行を続けさせようとしていたと示唆した。レースが成立扱いとなる周回数をこなしてからなら、赤旗を掲示してレースを短縮終了することができる。

 ミラーは決勝時の路面状況は”確実に”金曜日よりも悪化していたと語り、赤旗はあと5周は早く出されるべきだったと付け加えた。

「金曜日は2度赤旗が出ていたから、僕たちは安全委員会でかなり念押ししていたんだ。『もし状況が悪くなったら、赤旗を出せ』とね」

「僕からしてみたら、彼ら(レース運営)がレース距離の4分の3を走らせようとしているように見えた」

 自分自身のクラッシュについて振り返ったミラーは、次のように話している。

「少し不運だった。通常のラインで、スロットルや何もかもが(前の周と)同じ状態で3コーナーに入っていった。水たまりにハマったか、アクアプレーニングが起こったかして、クラッシュしてしまった」

「僕たちライダーが喫したどのクラッシュも、フロントのグリップを失ったことが原因ではなかったと思う。みんなリヤのアクアプレーニングでバイクから放り出されてしまったんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します