現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ、ペナルティで17位に降格「物事がうまく運ばなかったが、そもそも遅すぎてチャンスはなかった」:F1ブラジルGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.11.12

アロンソ、ペナルティで17位に降格「物事がうまく運ばなかったが、そもそも遅すぎてチャンスはなかった」:F1ブラジルGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ブラジルGP決勝で、マクラーレンのフェルナンド・アロンソは17位だった。アロンソは16位でフィニッシュしたものの、ブルーフラッグを無視したと判断され、5秒のタイムペナルティとペナルティポイント2を科され、17位に降格された。

 チームはアンダーカットを狙ってアロンソを15周目にピットインさせたが、ピットストップで問題が起こり、アロンソは12秒以上待機しなければならず、チャンスを失った。ただしチームによると、その際にクルーが問題を見つけずにコースに戻していた場合、アロンソは最終的にリタイアしなければならなかったかもしれないということだ。

    アロンソ「予選で遅いことは予想していた。チャンスがあればアグレッシブな戦略で入賞を狙いたい」:F1ブラジルGP土曜

■マクラーレンF1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝17位
 タフな一日だった。戦略でギャンブルをして、かなり早い段階でピットストップをした。でも結局はうまくいかず、ミディアムタイヤにブリスターが出て、セカンドスティントでは競争力がなかった。さらにピットストップでも時間を失った。

 週末全体を通して僕らは遅すぎた。トップ10に入れるだけの速さはなかったので、どういう戦略を採っても、何を試みたとしても、ポイントには届かなかっただろう。

(スペインのasに語り)後から考えれば、ピットストップは早すぎたと言えるだろうが、それはレースが終わってみなければ分からないことだ。周囲のマシンをアンダーカットしようとしたのだが、ピットストップ作業自体も時間がかかりすぎた。戦略もピットストップもうまくいかなかったわけだけど、そもそも今日は入賞できるだけのペースがなかったから、ポイント獲得のチャンスを逃したというわけではない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します