現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グリッケンハウス、『SCG 004』『006』のFIA-GT3、GT4公認取得へ。2020~21年を計画

ここから本文です
スポーツ 2018.11.8

グリッケンハウス、『SCG 004』『006』のFIA-GT3、GT4公認取得へ。2020~21年を計画

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメリカの映画監督、ジェームズ・グリッケンハウス氏が率いるスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)は『SCG 003』の後継機となる『SCG 004』のGT3公認取得を目指し、あわせてスポーツクーペスタイルの『SCG 006』のGT4登録を計画しているという。

 世界一の難サーキットとして知られるニュルブルクリンクで争われるVLNニュルブルクリンク耐久シリーズやニュルブルクリンク24時間レースに、自社のオリジナルスーパーカーで参戦しているSCG。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 同社は2017年11月、現行マシンのベースモデルである003Sの後継機として、5.0リッターV8ツインターボを搭載し659馬力を発揮する3シーターモデルの004Sを発表。今年5月にはレーシングモデルの製作をアナウンスした。

 そんなSCGは今回、レーシング仕様の『SCG 004C』がIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)のGTデイトナクラスをはじめとする世界各地のGT3カテゴリーに出場できるよう、GT3カーとしてのホモロゲーション取得に取り組み、2020年のデリバリー開始とレースデビューを計画していることを明らかにしている。

 また、SCGは2018年7月に発表したビンテージスタイルのスポーツモデル『SCG 006』についても2021年のレースデビューに向けてGT4パッケージの公認取得を目指すという。

「私が思い描くスケジュールでは、2019年夏に004のプロトタイプが完成する」と語るのは創設者のグリッケンハウス氏だ。

「(004の)レースカーは2019年秋にテストを開始する予定だ。そして2020年のVLNでデビューし、ニュルブルクリンク24時間に出場する」

「また、我々のGTカーがすぐに母国のスポーツカーシリーズであるWSCCで戦うことを願っている」

 車両価格面では「フェラーリ488 GT3をわずかに下回る値段を(SGC 004C)つけたいと思っている」とグリッケンハウス氏。

 GT4については「メルセデスAMG GT4の価格(約2600万円)がベストだと考えている。この価格であれば、購入を希望する顧客がいると思っているよ」

 また、グリッケンハウス氏は今年初めてミシュラン製タイヤを履いたSCG 003Cが2019年もニュルブルクリンク24時間に参戦することを確認している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します