現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:スズキのイアンノーネ「僕たちはトップレベルに限りなく近い位置にいる」

ここから本文です
スポーツ 2018.11.1

MotoGP:スズキのイアンノーネ「僕たちはトップレベルに限りなく近い位置にいる」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第18戦マレーシアGPを前に、チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネとアレックス・リンスが意気込みを語った。

■アンドレア・イアンノーネ(MotoGPクラスランキング8位)
 オーストラリアGPで今シーズンベストの2位に入賞したイアンノーネ。これによりランキング8位に浮上した。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 セパンのMotoGPクラスでは2012年の6位がベストリザルト、昨年は17位で完走するにとどまった。シーズン終盤、調子を上げてきたスズキとイアンノーネがトップ争いにどうからむかに注目だ。

「去年のマレーシアGPは不思議なレースだった。ウエットレースだったが、路面が乾いてくると、いいパフォーマンスができた」

「オーストラリアGPのポジティブな週末の後、セパンに臨む。戦闘力があることを期待している。セパンは簡単なコースではない。常に暑く、フィジカルとタイヤマネージメント、タイヤチョイスに苦労する。可能な限り、うまくマネージする必要がある」

「先週のオーストラリアは自信になったし、日本の開発スタッフの仕事も信頼している。僕たちはトップレベルに限りなく近い位置にいる」

■アレックス・リンス(MotoGPクラスランキング10位)
 チームメイトのイアンノーネと同様、シーズン終盤にかけて好調さをキープしているリンス。日本GPでは3位表彰台を獲得した。

 MotoGPクラス1年目の昨年は決勝中、2度転倒を喫し、最終的に失格となったが、Moto3時代の2013年に2位、2014年に3位に入賞した経験を持つセパンで、再び上位をめざす。

「いつものようにマレーシアでもベストをつくしたい。ここ数戦は上位でフィニッシュしているので、これをキープしたい」

「もてぎでの表彰台の後、フィリップアイランドはもう少し期待していたけど、ポジティブなポイントを獲得することができた。セパンはいいコース。プレシーズンのテストも行なわれるのでコースはよく知っているし、トップ争いに加われるように頑張りたい」

「マシンをもう少し改善する必要があるが、マレーシアGPに向けてとてもポジティブだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します