現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バースレーシングプロジェクトがメルセデスAMG GT4を国内初導入。スーパー耐久などに投入へ

ここから本文です
スポーツ 2018.11.1

バースレーシングプロジェクトがメルセデスAMG GT4を国内初導入。スーパー耐久などに投入へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピレリ・スーパー耐久シリーズに参戦しているバースレーシングプロジェクト(BRP)は11月1日、2019年の国内レースなどにメルセデスAMGが開発したFIA-GT4カー『メルセデスAMG GT4』を投入すると発表した。

 2017年シーズンからアウディのTCRマシンであるアウディRS3 LMSでスーパー耐久のST-TCRクラスに参戦しているBRPは、過去にST-5クラスで4年連続チャンピオンを獲得している強豪チームだ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 そんなチームは、ヨーロッパを中心に人気が高まっていることから、近くGT3に代わるグローバルカテゴリーに成長するとの声も挙がるGT4マシンの導入を早くから検討。2019年シーズンに向けて複数のコンストラクターと交渉を進めていたという。

 そのなかで、BRPはかつて国内レースにメルセデスSLS AMG GT3を投入していたことを加味し、夏前からメルセデスAMGおよびHWAと車両デリバリーに向けたミーティングを重ねた上で契約を締結。国内初導入となるメルセデスAMG GT4は近日中にドイツから日本に輸送され、シェイクダウンテストが実施される予定だ。

 また、同マシンの投入カテゴリーについては、スーパー耐久、CARGUYスーパーカーレース、ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアの3レースが予定されており、今後ドライバーラインアップを含めて調整していくという。

 バースレーシングプロジェクトの奥村浩一代表は「この度、2017年のTCR国内初導入に続き、2019年はFIA-GT4の導入を進めることとなりました。BRPは新しいカテゴリーにチャレンジし続けて、チームに経験と実績の蓄積を進めていき、日本のモータースポーツ発展に寄与できるように、チャレンジ精神を常に抱きながらレース活動を進めて参ります」とコメントしている。

 2017年7月に初公開された後、初の公式戦となったVLNニュルブルクリンク耐久シリーズでクラスデビューウインを飾るなど、完成度の高さをうかがわせるメルセデスAMG GT4。アウディ、BMW、アストンマーチンが相次いでGT4に新型マシンを投入するなかで日本初導入となる“黒船”は2019年注目の一台となることだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します