現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ペレス「順調だったのに母国GPのリタイアはすごく残念」:フォース・インディアF1メキシコGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.30

ペレス「順調だったのに母国GPのリタイアはすごく残念」:フォース・インディアF1メキシコGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1メキシコGP決勝で、レーシング・ポイント・フォース・インディアF1チームのセルジオ・ペレス、エステバン・オコンは2台そろってリタイアした。

■レーシング・ポイント・フォース・インディアF1チーム
セルジオ・ペレス 決勝=DNF
 母国GPをリタイアするなんて、すごく残念だよ。特にレースでは、いろいろなことが本当に順調だったから。少なくとも7位は獲得できていたと思うし、昨日(予選)から始めた戦略が効果を発揮していたんだ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 レースではときに、マシンに問題が発生して大きな落胆を味わうこともある。ブレーキペダルの感触が突然おかしくなり、今日はその問題でマシンを止めなければならなかった。それまでは僕にとって、とてもエキサイティングなレースになっていたんだ。素晴らしい1周目を走り、フェルナンド(・アロンソ)の前に出て、レース後半にはザウバーの2台と良いバトルを演じていた。自分のレースをコントロールし、タイヤを労り、多くのポイントが獲得できると思っていたのにね。

 チームと、最高のファンのみんなに申し訳なく思っている。彼らはいつも僕を誇らしい気持ちにしてくれるし、今日も驚くほどの声援を送ってくれていたんだ。

エステバン・オコン 決勝=DNF


 これまでの僕のF1キャリアのなかで、おそらくは最悪のレースだった。何ひとつ僕の思うようにいかなくて、ひどい午後だったよ。とても良いスタートを切り、1コーナーまでの間にザウバーの2台を追い抜いた。でもそれが今日、唯一の良いポイントだったね。

 ターン3でカルロス(・サインツJr.)に並びかけたが、彼が切り込んでくるのが見えたんだ。事故を避けるためにブレーキを踏んだものの接触し、フロントウイングを壊してしまった。1周目の後にピットに戻らなければならず、そこで実質的に僕のレースは終わった。良い戦略と速いマシンを手にしていたにもかかわらず、今日は僕らの日にはならなかったね。

 メキシコでのレースのことは忘れて、次戦ブラジルでは強さを取り戻したい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します