現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「最後尾スタートのガスリーがアグレッシブな走りで入賞。PUも厳しい条件下でトラブルフリーで戦い抜いた」:F1メキシコGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.29

ホンダ田辺TD「最後尾スタートのガスリーがアグレッシブな走りで入賞。PUも厳しい条件下でトラブルフリーで戦い抜いた」:F1メキシコGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1メキシコGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは10位、ブレンドン・ハートレーは14位だった。

 ガスリーはパワーユニットとギヤボックス交換により合計20位降格のペナルティを受け、20番グリッドからウルトラソフトタイヤでスタート、バーチャル・セーフティカー出動時の5周目にスーパーソフトに交換、26周目には再度スーパーソフトに換えて、2回ストップで走った。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ハートレーは14番グリッドからスーパーソフトタイヤでスタート。1周目にピットインし、ウルトラソフトに交換、24周目にはスーパーソフトに履き替えて、そのままチェッカーまで走り切った。ハートレーは終盤、11番手まで順位を上げていたが、エステバン・オコンとの接触について責任ありとスチュワードに判断され、5秒加算ペナルティとペナルティポイント2を科された。ハートレーは終盤順位を落とし12位でフィニッシュ。5秒加算で14位に降格された。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 今日のレースでは、PU交換によるグリッドペナルティのために最後尾からスタートしたガスリーが、アグレッシブな走りを見せて10位で入賞し、チームにとって貴重な1ポイントを獲得してくれました。ドライバーの走りにチームのピット戦略がうまくかみ合った結果だったと思います。

 PUとしては、高地という通常とは異なる環境のなか、2台揃ってトラブルフリーで週末を終えられたことは前向きにとらえています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します