現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 残留に必死のハートレー「アメリカのガスリー車に、トラブルはなかった」と主張

ここから本文です
スポーツ 2018.10.29

残留に必死のハートレー「アメリカのガスリー車に、トラブルはなかった」と主張

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第19戦メキシコGPでのブレンドン・ハートレーの発言が、ちょっとした波紋を呼んでいる。

 前戦アメリカGPでは最後尾グリッドから9位入賞を果たし、メキシコに来てからも初日フリー走行では6番手タイムをマーク。その後の囲み取材で、チームメイトであるピエール・ガスリーのアメリカGPでのパフォーマンスに疑問を呈したのだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 同レースでのガスリーはレーススタート直後にコース上に散乱する破片を踏んでマシンバランスがおかしくなり、12位完走に終わっている。それに対しハートレーは、「プレスリリースで書いてあることとは違って、もう1台のクルマに不具合は出てなかった」とコメント。

 さらにチームのサポート体制に対しても、「十分なチャンスをもらってきたとは思わないし、違うレース戦略を取らされて、それがもう1台を助けたことも何度かあった」と、不満を述べた。

 このトラブルに関して改めてガスリーにメキシコで確認したところ、「コース上にカーボン製だと思う大きな破片が落ちていて、そこに真っすぐ突っ込んでしまった。そのためにフロアがダメージを受けて、空力バランスがおかしくなったんだと思う」と、言っていた。

 一方でトロロッソ・ホンダのあるエンジニアは、「少なくともデータ上は、特に大きな問題はなかった」と言い、担当エンジニアのマッティア・スピーニもレース中、「挙動がおかしい」と何度も訴えるガスリーに対し、「大丈夫、そのまま走れ」と無線を返している。

 2018年シーズン限りの放出がすでに確定と言われているハートレーだが、「シーズン後半からは特に、僕はかなりうまくやれてる。結果も付いてきてるしね」と、強い自負を見せている。最終戦までにこれまで以上の結果を残して、チームの評価を覆そうというのか、今季残り3戦となったメキシコGPでは、その必死さがいっそう強く窺えた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します