現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー、新品パワーユニット投入「残り2レースに向けた戦略的判断。レースペースに集中」|F1メキシコGP金曜日

ここから本文です
スポーツ 2018.10.27

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー、新品パワーユニット投入「残り2レースに向けた戦略的判断。レースペースに集中」|F1メキシコGP金曜日

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1メキシコGPの初日、FP1は満足に走れず、FP2では14番手となった。

「今日は簡単な日じゃなかった」

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ガスリーはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

 今回のレースは、ロシアGPまで使用していた旧式のパワーユニット(PU)を使うことを決めたホンダ。しかし、ガスリーがアメリカGPで使ったPUには”組み立て品質上”の懸念が見つかったため、今後のレースのためにFP1で新品PUを投入。インスタレーションラップのみを走り、旧型のPUに戻す作業に充てた。

「FP1でのエンジン交換は、午前中にほとんど走れないことを意味した。そして、午後のセッションの準備にも影響を及ぼした」

「FP2では、トラフィックやドライバビリティの問題から、クリーンなセッションではなかった。明日に向けて準備するためには、今夜やるべきことがたくさんある」

 新品のPUを投入したため、ガスリーはグリッド降格ペナルティを受ける。

「日曜日はペナルティのため、グリッド最後尾からスタートしなければならない。だから、僕らが集中しなければいけないのは、レースペースになるだろう」

「でも僕はまだポジティブに考えている。ここでの戦いが難しくなったとしても、これはシーズンの残り2レースに向けての戦略的な動きだからだ」

 なお決勝の戦略は、難しくなることが予想されている。なぜならばメキシコGPの初日、タイヤのグレイニング(ささくれ磨耗)が非常に大きかったからだ。

 チーフ・レースエンジニアのジョナサン・エドルズはこれについて、次のように語る。

「ここでは、非常に大きなタイヤのグレイニングを抱えている。ある程度は予想していたが、今日見たほどのモノではなかった。ハイパーソフトでのグレイニングが大きかったため、ピエールに多くのラップを走るチャンスを与えなかった」

「我々にとっての鍵は、日曜日にグレイニングを軽減するか、もしくはこの状況に戦略を適応させるか、それを選ぶことだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します