現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1代表、グロージャンの出場停止間際という状態に「ことが起きてから対応する」と冷静な発言

ここから本文です
スポーツ 2018.10.25

ハースF1代表、グロージャンの出場停止間際という状態に「ことが起きてから対応する」と冷静な発言

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハースF1のロマン・グロージャンはあと2点のペナルティポイントで1レースの出場停止処分になるという状態にあるが、チーム代表のギュンター・シュタイナーは、これを危機とは感じていないという。

 アメリカGPのオープニングラップにおいて、グロージャンは不注意な動きをしてザウバーのシャルル・ルクレールに接触した。彼はメキシコGPでの3グリッド降格を科され、1点のペナルティポイントが彼のライセンスに追加されている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 グロージャンのペナルティポイントの合計は上限の12点まであと2点となり、12カ月以内にこれに達すると、レース出場停止という高い代償を払うことになる。

 しかしシュタイナーは、処分が決まるまでは、出場停止となる可能性のあるグロージャンの代わりに、誰を走らせるかについて考える必要は一切ないとしている。

「私は怪我をする前に包帯を巻くようなことはしない。ことが起きたら対応する」とシュタイナーは語った。

「出場停止にならないことを願っているが、だがそんな事態になるとしても、起きる可能性のあることに対しての仕事までしていたら、やることが多くなってしまう。それが私の考えだ」
「不測の事態に対してはしっかり準備ができている。連絡をとって、乗りたいかどうかを確認できるドライバーなら何人かいる」

「だが、悪いことにはならないと思っているよ」

 F1の競技規則によるとペナルティポイントの期間は12カ月とされており、グロージャンについては10月29日に1点が消滅するので、彼のペナルティポイント合計は9点になる。

 しかし、F1のレースディレクターを務めるチャーリー・ホワイティングが強調するように、グロージャンがメキシコGPの週末を通して、さらなる注意を払わなければならないという事実に変わりはない。

「もし彼が28日に3ポイントを加点されたら、彼は非常に愚かだということになる。状況を考えると、彼は28日には大きな注意を払わなければならないだろう」とホワイティングは語った。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します