現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoE:グレシーニレーシングがイタリア選手権2位のライダーを起用

ここから本文です
スポーツ 2018.10.11

MotoE:グレシーニレーシングがイタリア選手権2位のライダーを起用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グレシーニレーシングは10月10日、電動バイクレース、『FIM Enel MotoE World Cup』(MotoE)のライダーにマッテオ・フェラーリを起用することを発表した。

 MotoEは2019年から新たに始まる電動バイクの新シリーズ。2019年シーズンはエネルジカ・モーターカンパニーのスーパーバイクであるエネルジカ・エゴ・コルセのワンメイクで全5戦が予定されている。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 参戦するのは、MotoGPクラスに参戦するチームからは各2名、Moto2クラスとMoto3クラス参戦チームは各1名の12チーム計18名のライダーとなる。

 グレシーニレーシングから参戦することとなったフェラーリは、2013年から2015年までMoto3クラスに参戦し、2016年からはイタリア選手権のスーパーバイククラスに参戦している。

 2018年シーズンは12レース中2勝を挙げ表彰台は8回、ドゥカティのテストライダーであるミケーレ・ピロに続きランキング2位を獲得した。スーパーバイク世界選手権のSTK1000クラスにも出場しイタリアラウンドで優勝している。

 21歳のフェラーリは「新しい世界選手権に参戦することは本当にエキサイティングだ。このクラスで最年少のライダーのひとりになるから、とてもやる気が湧いている」とコメント。

「これは素晴らしいチャレンジで、グレシーニレーシングのような一流チームで世界選手権に戻ってこられる重要な機会だ」

「バイクについてはまだ理解していないが、ヘレスでの最初のテストで走らせることになる。自分にとって大きな変化で、最大限の結果を得られるようにベストを尽くす」

 また、グレシーニレーシングはトレント自治県とパートナーシップを結ぶことも発表。トレント自治県は、イタリア北部にあるトレンティーノ=アルト・アディジェ特別自治州に属する県で、一般にトレンティーノと呼ばれる。

 トレンティーノは長い間、モビリティ、観光、国際マーケティングに関するグリーンプロジェクトに積極的に関わっている。そのプロジェクトが目指す目標に適合することから、低騒音でゼロエミッションのバイクであるMotoEに参戦するグレシーニレーシングと協力関係を結ぶことにしたようだ。

 それに伴い、チーム名はチーム・トレンティーノ・グレシーニ(Team Trentino Gresini)となる。グレシーニレーシングはMotoEに2名のライダーを参戦させる予定であるため、第2ライダーの発表が待たれる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します