現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ロッシ、4位に満足せず「これで問題を解決できたと見なすのは、”損をする”考え方だ」/MotoGPタイ決勝

ここから本文です
スポーツ 2018.10.9

ロッシ、4位に満足せず「これで問題を解決できたと見なすのは、”損をする”考え方だ」/MotoGPタイ決勝

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タイGPを4位で終えたヤマハのバレンティーノ・ロッシは、4位という結果には満足せず、これでヤマハが問題を解決できたと考えるのは”損な考え方”だと主張した。

 前戦アラゴンGPではロッシが8位、チームメイトのマーベリック・ビニャーレスが10位と、良いところがないままレースを終えたヤマハのふたり。しかし初開催のタイGPでは、前戦と比べてはるかに良い結果を残した。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ロッシは予選で2番グリッドを獲得し、4位でフィニッシュ。一方ビニャーレスは3位に入り、ドイツGP以来となる表彰台を獲得した。

 シーズン後半戦のベストタイとなる結果の4位に入賞したロッシだが、ヤマハはひとつ良い結果を出したことに満足せず、シーズン後半に入って標準以下のレースが続いている現状を考えなければならないと話した。

「あいにくだけど、これ(ヤマハが問題を解決できたと考えること)はリスクだ。損をする考え方なんだ」

「マーベリックがテストで良いタイムを出すことができれば、何度もエンジニアたちは満足していた」

「もし僕がヤマハのエンジニアだったら、シーズン後半の結果を分析して、一度速いラップを走れたことや、フロントロウに並べたことに満足はしないだろう」

 ロッシは力強いパフォーマンスを発揮できたことは予想外だったと認め、路面のグリップがパフォーマンスに繋がったと考えている。

「理論上では、このトラックはヤマハの得意とするトラックではない」

「もっと苦戦するか、あるいは、例えばミサノよりは競争力を発揮できるかと思っていた。僕たちはミサノで苦労したから」

「僕としては、トラックレイアウト以上に、路面のアスファルトが僕たちの助けになったのだと思う」

「もっと競争力を持ちたいのなら、どこに行っても強くなければならない。なぜなら今、ドゥカティとホンダはどのサーキットでも強いからだ。僕たちには何かが足りない。でもおそらく今週末は改善できた。もてぎでどうなるか見てみよう」

 決勝レースの5周目、ロッシはマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)を追い抜いてトップに浮上した。6周後には3番手にポジションを落とし、終盤まで3番手を走り続けたが、最終的にはビニャーレスの先行を許した。

 ロッシは、レース終盤のビニャーレスのペースが良かった理由がわかっていないと明かしたが、ビニャーレスが良い仕事をしたのだろうと結論付けた。

「皆と同じように、レースを通してタイヤをセーブしようとしていた。まるで自転車レースのようだった。全員が(仕掛けるのを)待って、時々2周に1回プッシュする。すると(プッシュしなかった)他のライダーが、スローダウンしたライダーに続くんだ」

「だけど最後の数周では、僕も厳しくなって0.2~0.3秒失っていた」

「この週末を見れば、彼(ビニャーレス)はセッティングの方法が違ったし、そういうバイクを乗りこなすことができて、もっと良い方法でタイヤをセーブできるんだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jamie Klein)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します