現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGTもてぎ公式テスト:2日目午後はWAKO’S 4CR LC500が最速でテストを締めくくる

ここから本文です
スポーツ 2018.10.9

スーパーGTもてぎ公式テスト:2日目午後はWAKO’S 4CR LC500が最速でテストを締めくくる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月9日、栃木県のツインリンクもてぎでスーパーGT公式テストの2日目午後のセッション4が行われ、各チームが決勝を見すえたロングランを行うなか、大嶋和也/フェリックス・ローゼンクビスト組WAKO'S 4CR LC500が1分38秒814でこの走行のトップタイムをマークした。GT300クラスは井口卓人/山内英輝組SUBARU BRZ R&D SPORTが1分47秒939でトップタイムとなっている。

 2日間に渡るツインリンクもてぎでの公式テストも、13時30分からスタートした午後のセッション4が最後の走行。午前のセッション3途中から晴れ間が見えはじめ、セッション4は晴天。ただこの時季にしては気温・路面温度とも高いなかでのテストとなった。

    【タイム結果】スーパーGT公式テスト ツインリンクもてぎ 10月9日午後

 午後は赤旗中断もなく、各チームともロングランに終始することになったが、セッション4の最速となったのは、フェリックス・ローゼンクビストが49周をひとりでこなし、1分38秒814をマークしたWAKO'S 4CR LC500。2番手には平川亮とニック・キャシディでそれぞれ走行したKeePer TOM'S LC500で、平川が1分38秒942をマークしている。

 3番手に続いたのはMOTUL MUGEN NSX-GTで、武藤英紀がひとりで60周を走り込み1分39秒658をマーク。以下カルソニックIMPUL GT-R、Epson Modulo NSX-GTと続く結果となった。

 2日間の総合では、初日午後にWedsSport ADVAN LC500がマークした1分37秒241がトップタイム。カルソニックIMPUL GT-Rが初日午前にマークした1分37秒280が2番手、MOTUL AUTECH GT-Rが初日午前に記録した1分37秒405が3番手となっている。

 一方GT300クラスは、第6戦SUGOで優勝を飾ったSUBARU BRZ R&D SPORTが1分47秒939でトップタイムで、山内が最速タイムをマークしている。2番手はSYNTIUM LMcorsa RC F GT3が続き、3番手にはHOPPY 86 MCが続いた。HOPPYはこの日も午前7周、午後13周と小高一斗が乗り込んでいる。

 4番手につけたのは藤井誠暢がひとり8時間を走りきったD'station Porsche。5番手にはModulo KENWOOD NSX GT3がつけた。スーパーGTの公式テストはこのもてぎの2日間で終えることになったが、各陣営とも終盤2戦、特に最終戦に向けてそれぞれ手ごたえや課題を掴んだようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します