現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「新パワーユニットに大きな改善が見られた。ロシア後の調整作業は成功」:F1日本GP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.5

ホンダ田辺TD「新パワーユニットに大きな改善が見られた。ロシア後の調整作業は成功」:F1日本GP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1日本GPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=11番手/2=13番手、ブレンドン・ハートレーはフリー走行1=17番手/2=10番手だった。

 FP2でガスリーは燃料システムにトラブルがあり、セルのパーツを交換しなければならなかったため、走行をスタートできたのがセッション残り20分ごろだった。しかしガスリーはわずか10周の走行のなかで、13番手とまずまずのタイムを記録している。

    ガスリー「マシンの感触はよかったが、トラブルで午後はほとんど走れず。予選までに挽回したい」:トロロッソ・ホンダ F1日本GP金曜

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 ドライバーたちは3日間にわたってホンダのファクトリー数カ所を訪れ、歓迎を受けました。そして今日という日を迎え、ホームグランプリでコースを走り始めることができました。

 今日は、ソチの金曜に最初に使用したパワーユニットの最新バージョンから、有望なデータを得ることができました。大きな改善が見られましたし、ロシア後、新仕様のパワーユニットに関して行ってきた調整作業がうまくいったことが確認できました。

 残念ながらピエールは燃料システムの問題によりFP2で走行時間を失いましたが、まだ週末のこの段階ですので、それほど大きな影響はありません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します