現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 三浦愛 2018全日本F3選手権第7ラウンドSUGO レースレポート

ここから本文です
スポーツ 2018.10.4

三浦愛 2018全日本F3選手権第7ラウンドSUGO レースレポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018 Japanese Formula 3 Championship
EXEDY B-Max Racing teamRace Report

全日本F3選手権Rd.15/16/17/9
■開催日時
2018年9月29日(土)、9月30日(日)
■開催サーキット
宮城県スポーツランドSUGO(1周3.704256km)
■大会名
2018 Japanese FORMULA3 ChampionshipRound15/16/17/9
■同時開催イベント
JAF-F4東日本シリーズ、N-ONE OWNER’S CUP、ROADSTER Party Race III

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

2018年9月29日(土)曇り
全日本F3選手権第15戦、第16戦
スポーツランドSUGO/ 3.704256km
参加台数15台

#3 三浦愛 予選結果 第15戦:12位/1分14秒238 第16戦:13位/1分14秒507

 2度キャンセルになった第9戦が併せて行なわれるこの週末もまた、台風襲来の影響を受けることになった。だがこの日はまだ雨は降り出さず、午前8時からの予選はドライコンディションで行われた。今回の4戦のグリッドは、第15戦が30分間の予選でのベストタイム順、第16戦がセカンドベストタイム順、第17戦が第15戦の決勝結果順、そして第9戦が第16戦の決勝結果順というルールとなった。
 
 アクシデント発生の可能性が高いSUGOということもあり、すべてのマシンが開始と同時にコースに入ると、2周~3周のウォームアップの後アタックに入っていく。ところが開始7分頃に1台がクラッシュし、セッションは赤旗中断に。三浦選手はこの時点で2周のウォーミングアップを済ませていたがアタックは行なえず、一旦ピットに戻ることになった。
 
 赤旗は約10分後に解除となり、予選は残り17分で再開。三浦選手はここでタイヤを2セット目に切り替えコースインすると、同じく2周のウォーミングアップの後、まずは1分15秒022をマークした。だが翌周のアタックでオーバーランを喫したことでタイヤをふたたび切り替えるためにピットイン。ここまでまだベストな状態でアタックを行なえていない三浦選手は残り8分内に2本のアタックを揃えなければならなくなる。
 
 ウォームアップを考えれば時間はギリギリ。そして、なんとか14秒台のタイムをラスト2本で揃えることに成功した三浦選手だったがライバルたちに比べタイムの伸び幅は今ひとつとなり、第15戦には12番グリッドから、第16戦のレースには13番グリッドから挑むこととなった。

■三浦愛選手コメント
「最後はギリギリ2本アタックすることができましたが、思ったほどの上がり幅はなかった。それほどクルマのバランスは悪くなかったのですがコンディションに合わなかったのか、たぶん微妙な部分が影響していると思います」

「でも自分のベストは尽くせたと思うので、あとは決勝でどうクルマを合わせていけるか。抜けないサーキットなので、セットアップと走りの部分でちょっとずつ差を埋めて、スタートから常にひとつでも前に行けるよう攻め続けたいと思います」

2018年9月29日(土)曇り
全日本F3選手権第15戦
スポーツランドSUGO/ 3.704256km
参加台数15台

#3 三浦愛 決勝結果15位/21分42秒794

 予選終了から約3時間のインターバルを経て、午前11時25分より第15戦決勝が行なわれた。朝から変わらない曇り空の下、ドライコンディションでレースはスタート。抜きにくいSUGOでは予想されていたことだったが、やはり各マシンの狙いはスタートの瞬間で、各ポジションで混乱が生じることになった。この混乱によって、またも得意のスタートダッシュを封じられたのが12番グリッドの三浦選手だった。
 
 自身のスタートは悪くなく、11位と並んで1コーナーに向かうまでは良かったがその先にいたマシンに詰まってしまい、この間に数台が先行。抜いたマシン、ピットスタートしたマシンと差し引き、13位でオープニングラップを通過することになった。そして、その後しばらくは12位に1秒差につけ順位を復帰させる可能性を見せるも、オーバーテイクの突破口をなかなか見つけられないまま中盤へ。
 
 その後は12位のマシンに徐々に差を広げられる展開となる。13周目には2秒近く差が離れてしまい、このまま13位をキープするしかなくなった。だが、その13位をも守れない事態がこの後発生する。ここまで進撃はならずもミスのない、着実な走りを見せていた三浦選手だったが、最終ラップの3コーナーでついにミス。片輪をダートに落としスピンを喫してしまった三浦選手はグラベルから抜けだせずストップ。チェッカーを受けられず、最下位の15位でレースを終えることとなった。

■三浦愛選手コメント
「順位を上げることはすでに難しかったのですが、とにかく最後まで攻めようとした結果ミス。これで明日の17戦が最後尾スタートとなったのは残念です。ペース自体は悪くなかったのですが、ストレートで抜けるまでには至らず、そうこうしているうちにやはりこのコースは最終セクターが体力的にきつく、徐々に離されてしまいました。次のレースでは戦略を練り直して明日行われる第9戦決勝のグリッドをひとつでも有利にできるよう頑張ります」

2018年9月29日(土)曇り
全日本F3選手権第16戦
スポーツランドSUGO/3.704256km
参加台数15台

#3 三浦愛 決勝結果13位/23分08秒616

 空模様は午後になっても変わらず、曇りのまま。一時的に微量の雨が降ったりもしたが路面への影響はあまりなく、午後3時40分からの第16戦決勝も前戦と同じくドライコンディションで行われた。三浦選手は13番グリッドからこのレースに挑んだ。
 
 その第15戦のときとは一転、今回はスタートでの混乱はなく順位はほぼ変動しなかった。そんななか唯一、後方からジャンプアップを果たしたマシンがあり、三浦選手も2コーナーで刺され順位を14位に落とすことになる。そしてその後の展開は第15戦と同様、ペースで上回るもなかなか抜け出せないという攻防が各ポジションで繰り返されることに。
 
 三浦選手も序盤から粘り強く13位のマシンの背後につけチャンスを待ち続けたが、そのプレッシャーによって相手も多少のミスはするものの、決定的な場面は訪れなかった。そしてレースは終盤に入り、12周目に前の1台がジャンプスタートをとられドライブスルーペナルティを受けたことで13位に順位を戻した三浦選手は、残りの4周も前2台に接近した状況を変えられないまま18周のチェッカーを受けることになった。
 
 微量の雨によりコーナーでは滑りやく、その分体力面がある程度カバーされ終盤まで今回はペースが落ちなかっただけに、惜しまれる結果だといえる。
 
■三浦愛選手コメント
「結局オーバーテイクを仕掛けることができず、最後までずっと抑えられ続けたまま終わってしまいました。セットアップを変更したことも良い方向に行っていたし体力的にも問題なかったのに、抜くところまで持っていけなかったのはとても残念です。前のクルマも多少はミスしてくれたのですが、サーキット特性的なことでも抜くのは難しかった」

「明日は雨になりそうですが、抜きにくいことは変わりません。でもそうなればあのポジションではペースで上回れると思うし、アクシデントの可能性も高くなるので、自分は着実なレースをして、ポイント圏内に少しでも近づいていきたいと思います」

2018年9月30日(日)雨
全日本F3選手権第17戦
スポーツランドSUGO/ 3.704256km
参加台数15台

#3 三浦愛 決勝結果9位/30分57秒913

 今回も台風の接近により、スケジュール変更を余儀なくされた。夕方から東北地方は荒れ模様となることが予想されるため開始時間が早められ、さらにレース周回数が減算に。第17戦決勝は当初の予定より20分前倒しとなる11時20分より、25周から20周に減算され行なわれた。
 
 前日夜に降り出した雨はこの時点ではやんでおりレース中に路面は乾くのではとの予想もあったが、結局全マシンがレインタイヤでスタート。雨はこの後逆に強くなり、オープニングラップからレースは荒れた展開となった。最後尾からレースに挑む三浦選手も、このコンディションであれば上位進出も可能だと考えていた。
 
 まずはスタートで数台をパスし、その後は慎重かつアグレッシブに攻めていこうと決めていた。ところがスタート直後の2コーナーで早くもアクシデント。前方の2台が接触し行き場がなくなった三浦選手はコースアウトを余儀なくされ、ここで大きなタイムロスを喫してしまう。
 
 その前方でもアクシデントが発生していたため順位そのものは一気に9位へとジャンプアップを果たせたものの、何事もなくオープニングラップを乗り切った上位8台にこの時点で大差をつけられてしまい、これ以上の順位浮上は望み薄となってしまった。雨はレース終盤になるとさらに激しくなり引き続きアクシデントも発生したが上位8台に変動はなく、最後まで攻め続けたものの三浦選手は9位のままでチェッカーを受けることになった。

■三浦愛選手コメント
「自分自身のスタートはうまくいったのですが、その先の2コーナーで接触したマシンに完全に行き場をふさがれ、あの場面ではコース外に逃げるしかありませんでした。その後も路面状況は厳しく、コースアウトこそ避けられものの自分も何度か危なかった場面がありました」

「そのせいで後半はやや、安全に行き過ぎたかも知れません。でも今日のコンディションでは、その方が順位を上げられる可能性はあったと思います。午後の第9戦も荒れると思うので、ミスをしない範囲の中で自分自身のベストの走りをして、少しでも順位を上げていければと思います」

2018年9月30日(日)雨
全日本F3選手権第9戦
スポーツランドSUGO/ 3.704256km
参加台数15台

#3 三浦愛 決勝結果12位/23分26秒354

 雨の状況は午後も変わらず、レインコンディションのまま午後15時05分、15周に周回数が減算された第9戦決勝がスタートした。13番グリッドの三浦選手は前1台が前戦のクラッシュからマシンが修復できず出走を取りやめたため、12番手からスタートすることになった。
 
 得意のスタートは今回無難なできに留まり逆に1台にかわされることになったが、その後ストップしたマシンが1台出たことで、オープニングラップは12位のまま通過することに。だがSUGOでさらに今日のコンディションとなると、その後の順位浮上は難しいと思われた。
 
 三浦選手のペースはこのポジションは周りより若干速く、周回数が短くなったことで早めに攻めようという意識はあったはずだが、やはり突破口は開けず1秒差内に位置しプレッシャーをかけ続けてミスを誘うよりほかに手立てはなかった。ところが小さなミスはあってもなかなかそこに踏み込めず、そのままレースは終盤へ。
 
 そして迎えた最終ラップ。ここでひとつ順位を上げるチャンスが巡ってくる。最終コーナーで前のマシンがやや失速。これに反応した三浦選手はアウト側にコースをとるとフル加速、勝負はコントロールラインまでもつれ込んだ。しかし加速力は勝っていたもののやや距離が足りず、わずかコンマ05秒差で11位浮上を逃すことに。結果的にスタートから順位は変わらないままレースを終えることになった。

■三浦愛選手コメント
「スタートは今回あまり良くなくて、その後も前で多少ミスがあったものの抜くまでには至りませんでした。唯一最後の場面はチャンスだったのですが、あと数メートルあったら、という感じでした。コンディションが良くなかったなか、SUGOは壁が近いこともあって今日は2戦ともに攻めきれなかった」

「もっとギリギリまで攻められていたら、展開を変えられたのかもしれません。またクルマももうひとつ合わせきれていなくて、すべてにおいて少しずつ足りなかったという感じでした。最終ラウンドの富士は今年一番走っているサーキットであり、エスケープゾーンも広いので、自信を持って攻めていきたいと思います。最後は入賞で終われるよう頑張ります」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します