現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1ロシアGP決勝:チームオーダー発動でハミルトン優勝、チャンピオンシップのリードをさらに拡大

ここから本文です
スポーツ 2018.9.30

F1ロシアGP決勝:チームオーダー発動でハミルトン優勝、チャンピオンシップのリードをさらに拡大

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月30日現地時間午後2時10分、ロシアGP決勝のスタートしメルセデスのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。

 決勝日は、朝からどんよりと曇り、F1の決勝2時間半前のF2レース2の最中には雨も降っている。スターティンググリッド上では小雨がパラつく場面もあったが、スタート前には太陽が顔を出すという目まぐるしい天候。決勝は気温25度、路面温度30度というコンディションでスタートを迎えた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 パワーユニットやギヤボックス交換などのグリッド降格ペナルティに加えて予選での黄旗無視で3グリッド降格を科されたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が最後尾グリッドだったが、それ以前のペナルティも含め適用順で16番手フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、17番手ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)、18番手ダニエル・リカルド(レッドブル)、19番手フェルスタッペン、20番手ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)。

 そしてパルクフェルメでギヤボックス交換を行なった暫定14番グリッドのストフェル・バンドーン(マクラーレン)が5グリッド降格となるがグリッド最後尾ペナルティ適用組とは別扱いとなり、14番手ランス・ストロール(ウイリアムズ)、15番手バンドーンという正式グリッドとなった。

 11番グリッド以下はルノー勢がソフトタイヤ、それ以下はウルトラソフトタイヤ、最後尾のガスリーとレッドブル勢がソフト、ハートレーがハイパーソフトタイヤとスタートタイヤは大きく分かれた。

 スタートでハミルトンは僅かにホイールスピンを喫するが首位バルテリ・ボッタス(メルセデス)がターン2へ向けてインに寄せたのに対しハミルトンはアウト側からアプローチして2番手をキープ。

 その後ろもセバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネンのフェラーリ勢とグリッド順のまま続き5番手にはシャルル・ルクレール(ザウバー)が浮上、6番手ケビン・マグヌッセン(ハース)、フォース・インディア勢と続いた。

 後方ではフェルスタッペンが13番手まで浮上しさらに順位を上げて8周目には中団勢を全て交わし5番手まで浮上していく。リカルドは18番手から2周目には15番手に上がりこちらも順位を上げていく。

 トロロッソ・ホンダ勢は電気系に問題を抱えたガスリーがストールしかかり最後尾に留まり、ハートレーも19番手。4周目にはガスリーがターン4で突然リヤの挙動を乱してスピン。そのままピットに戻りリタイアとなった。ハートレーも3周目にピットインしソフトに換えて最後まで走り切る戦略に出るが、ブレーキに問題を抱えてピットに戻りこちらもリタイアとなった。

 9周目にマグヌッセン、10周目にルクレールとエステバン・オコン(フォース・インディア)、11周目にマーカス・エリクソン(ザウバー)がピットインすると、首位ボッタスも12周目、ベッテルが13周目、ハミルトンが14周目にピットイン。ベッテルがハミルトンのアンダーカットに成功し、この3台はフェルスタッペンの直後でコースに戻る。

 しかしハミルトンは猛攻を仕掛けメインストレートで抜きに掛かるがベッテルがアグレッシブにインをブロック。それでもハミルトンは諦めずターン3で追いかけていきターン4でインに飛び込んでベッテルを攻略し実質的な2番手に浮上する。


 中団ではマグヌッセン、オコン、セルジオ・ペレス(フォース・インディア)が膠着状態になり、ソフトタイヤのまま引っ張るヒュルケンベルグにオーバーカットされるリスクが出て来たため、何かと同士討ちの多いフォース・インディア勢は順位の入れ換えを検討する。

 20周目を過ぎたあたりからボッタスのペースが鈍り始め、2番手ボッタス、3番手ハミルトン、4番手ベッテルがテールトゥノーズになる。メルセデスAMGは25周目のターン13で順位を入れ換えさせ、リヤにブリスターを抱えるハミルトンのタイヤを守るため先行させる。

 ソフトタイヤのまま走り続けるフェルスタッペンが暫定首位、その3秒後方にハミルトン、ボッタス、ベッテルと続き7秒開いてライコネン、その12秒後方に同じくピットインしていない6番手リカルド。

 フェルスタッペンのペースは15周ほど若いソフトタイヤを履くメルセデスAMG勢やベッテルよりも速く、じわじわとギャップを広げていく。しかし35周目過ぎからはハミルトンがファステストラップを記録しながらフェルスタッペンに追い付いていく。

 中団ではステイアウトの7番手ヒュルケンベルグに対し、8番手ルクレールは7秒、9番手マグヌッセンは18秒後方でフォース・インディア勢は順位を入れ換えるものの両者ともにマグヌッセンを抜くことができない。エリクソンは37周目に2回目のピットストップを余儀なくされる。

 39周目、リカルドがピットインしてウルトラソフトに履き替えると同時に、スタート直後にダメージを負っていたフロントウイングを交換し10.6秒のタイムロスを喫する。しかしルクレールの前6番手のままでコースに戻る。ヒュルケンベルグはピットインしてフォース・インディアの後方11番手へ。

 42周目、フェルスタッペンがピットインしウルトラソフトに履き替えてライコネンの後方5番手へ。これで首位はハミルトン、2秒後方に2番手ボッタス、4秒後方に3番手ベッテル、10秒後方に4番手ライコネンで、5番手フェルスタッペンは24秒後方となった。


 最後の10周は各車がタイヤをいたわりながら膠着状態で推移し、メルセデスAMGは順位の最入れ換えは行なわず順位が入れ替わらないまま53周のレースが終了。

 ハミルトンが後味の悪い3連勝を飾り、ボッタスが2位、タイトル争いを考えると優勝が欲しかったベッテルは3位に終わった。4位ライコネン、5位フェルスタッペン、6位リカルドの3強。中団トップは7位ルクレール、8位マグヌッセン、9位オコン、10位ペレスの順となった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します