現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ”魔法の1周”。ルイス・ハミルトン、自身のポールポジションラップに驚く|F1シンガポールGP予選

ここから本文です
スポーツ 2018.9.16

”魔法の1周”。ルイス・ハミルトン、自身のポールポジションラップに驚く|F1シンガポールGP予選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1シンガポールGPでの自身のポールポジションラップを、本当に驚いているという。

 メルセデスは、V6ターボ・ハイブリッドパワーユニット時代一貫して、シンガポールで苦労してきた。実際今年のフリー走行でも、フェラーリ勢の前に遅れをとっていた。

    【動画】F1第15戦シンガポールGP予選、ハミルトンPPアタックオンボードカメラ映像

 しかしハミルトンは、予選Q3でスーパーラップを決める。1分36秒015というタイムを計測し、ポールポジションを獲得したのだ。タイトル争いのライバルであるセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は3番手だった。

「厳しい予選だった」

 そうハミルトンは語った。

「でもそのラップは、魔法みたいだった。どこからそれを得ることができたのか、僕には本当に分からないんだ」

 フリー走行3回目でフェラーリに0.5秒の差をつけられた後、ハミルトンは「少し神経質になった」状態で予選に臨んだという。

「0.5秒をどうやっても見つけることができないと思っていた」

「最後のセッションでは、すべての要素を引き出し、完璧なパズルを組み立てようとした。でもそれは、99%はうまくいかない」

「でもそのラップでは、僕はホイールスピンしなかった。危ないこともなかったし、マシンはただ、僕の下にあった。ほとんどのコーナーで、最大限のモノを引き出すことができた」

「もっとうまくできたかもしれないというところを、思い出すことができない」

「2回目のラップでは、もう少し引き出そうとした。ブレーキを約0.5m遅らせたんだ。でもそれは少しやりすぎで、マシンにはそういう余裕はなかった」

「1周目のアタックでは、可能な限りすべてのことを手にできたと感じている」

 ハミルトンとボッタスは、ウルトラソフトでQ1を突破しようとした。しかし、ライバルが履いたハイパーソフトタイヤのパフォーマンスは抜きん出ており、結局これは叶わなかった。

「ドライバーたちはここでも、ここ以外でも、少しでもパフォーマンスを引き出すために全開にしている」

「僕らは、ここでフェラーリやレッドブルに打ち勝つのは非常に難しいと分かっていた」

「状況を考えれば、ここでポールポジションを獲れたのは信じられない」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ハミルトンのアタックを「私がこれまでに見た中で最も素晴らしい1周」だったと称賛し、「夢のようだった」と語った。チームメイトのボッタスは、0.687秒遅れの4番手だったのだ。

「ブラックリーとブリックワースのファクトリーに感謝している」

 ウルフはチャンネル4に語った。

「彼らは、このシンガポールで競争力を発揮する素晴らしい仕事をしてくれた。誰がこんなことを考えただろうか?」

「この数年で、シンガポールのサーキットを征服できたのは、初めてのことだ」

「私はこの結果に大喜びしている。レースの結果がどうであれ、我々はクルマが必要とするものの理解を、一歩踏み出すことができた。それが、私を満足させたんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します