現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > OIRC team YTB 全日本F3選手権第6ラウンド岡山 レースレポート

ここから本文です
スポーツ 2018.9.14

OIRC team YTB 全日本F3選手権第6ラウンド岡山 レースレポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OIRC team YTB
2018全日本F3選手権
第13戦、14戦、9戦(岡山国際サーキット)レースレポート
#8 YTB F318
ドライバー:片山義章
生年月日:1993年11月13日
身長:168cm
体重:65kg
血液型:O型

●TOM’Sの独走を止めるのは誰なのか?
 スーパーフォーミュラ第6戦との併催で行われた全日本F3選手権第13~14戦は、第9戦の振替と合わせ3レースのフォーマットで予定された。チャンピオン争いは#36坪井翔(カローラ中京Kuo TOM’S)が大きくリードする展開のなか、一矢酬いるドライバーは誰なのか?
 
 週末が荒れ模様の天気が予想されるなか、金曜日の練習走行はドライ、#8片山義章(OIRCteamYTB)は車の感触を確かめながら周回を重ね「今日はドライ、明日はウエットなので気持ちを切り替えて走りのイメージを組む」とコメント。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

●今年初のウエットレース
第13戦 予選:8位 決勝:7位

 朝から雨模様で、時折晴れ間が見えるという不安定な天候のなか、土曜日の第13戦はウエット路面でのレースとなった。予選8位からスタートした#8片山は、ジャンプアップを狙いスタートを切るも、#3三浦愛(EXEDY B-MAX RACING TEAM)にかわされ9位で1コーナーを抜ける。雨のレースはスタート早々の2コーナーで、#93大湯都史樹(TODA RACING)と#2坂口晴南(TODA RACING)が接触#2坂口がコースアウトしてリタイア。
 
 #8片山はポジションを戻し8位で前行く#3三浦を追うも、前車がまきあげる大きな水煙は視界を遮り、背後に近付くことができきず相手のミスを待つ我慢の周回が続いた。レースは今シーズン初の1列目2位からスタートした#12笹原右京(ThreeBond Racing)に注目が集まるも、3周目のWヘアピンで痛恨のコースアウト。#93大湯、#1金丸悠(B-MAX RACING)に先行を許し4位へと後退してしまう。
 
 #36坪井、#93大湯、#1金丸がファーステットラップを更新しながら周回を重ねて行った。9周目に入った2コーナーで2位を走行していた#93大湯がコースアウト、TODA RACINGは2台ともがリタイアという厳しいレースとなってしまった。
 
 これにより3位に浮上した#12笹原は喜んだのもつかの間、10周目に入った1コーナーでコースオフ、#14根本悠生(Albirex RACING TEAM)にかわされると抜き返す力はなく、#14根本が逃げ切り嬉しいうれしいF3初表彰台をげ掴み取った。
 
 優勝は磐石の#36坪井、2位は後半に入り勢いをつけている#1金丸となった。#8片山は#3三浦の背後で走り続けそのままゴール。ポイントゲットとはならず、#14根本に続き#3三浦も嬉しい嬉しい今期初入賞となった。

●片山義章コメント
「雨のなかでの予選は、赤旗が出る可能性が高いので、早い段階でタイムを出せるようコースに入り、飛ばして行きました。走り出しの感触は良かったんですけど、タイヤを交換した際に少しセッティングを変えたら、セクター1の走りで1秒ロスする展開になってしまって、順位を上げることができず予選8位という結果になってしまいました」

「決勝レースも雨だったので、スタートはいつも以上に集中して行ったんですけど、ホイルスピンが大きく加速が鈍って、後ろにいた三浦選手に抜かれてひとつ順位を下げてしまいました」

「雨を走る車の水しぶきで視界がなくなり、近寄ることもできないのでミスをしない走りに集中し、三浦選手の後ろで我慢のレースをした結果7位でゴールしました。明日は外側(7位)からのスタートなので、大外から捲って何台か抜ければと思っています。
●大雨、セーフティーカー、荒れたレースを活かせず
第14戦 予選:7位 決勝:7位

 ヘビーウエットとなりセーフティーカー先導によるスタートとなった第14戦。予選のセカンドタイムが採用されるルールにより、#8片山は7位のポジションで周回を重ねると、4周目にセーフティーカーがピットへと入りポールポジションの#36坪井を先頭に#12笹原、#37宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM’S)と順当に1コーナーへと入っていくも、#8片山は#1金丸にかわされ8位に後退した。
 
 前日同様に雨のレースでの追い抜きは非常に難しく、ミスをしない走りでチャンスを伺う我慢のレースとなると、6周目に#1金丸がコースオフし7位に返り咲く。8周目には、背後に#35河野駿佑(RS FINE)が1秒差までに迫るも、ペースを乱すことなく走り2秒、3秒とギャップを広げ7位のまま15周を終える。
 
 ここでふたたびペースカーが入り、残り3周を走って、そのままチェッカーを迎えた。優勝は、前戦もてぎ大会から5戦4レースでフルポイント(ポールポジション、優勝、ファステストラップを獲得すること)の#36坪井、2位には自己最高位の#12笹原が入った。

●片山義章コメント
「セーフティーカー先導が開けて、1コーナー目掛けてみんな加速して行く訳なんですが、スタートポシジョンが悪かったので、前にたくさんいて(6台)水しぶきがすごすぎて何も見えなかったんです」

「前は見えないので、サイドの看板とか見ながら位置を確認するんですけど、見えるはずの看板も見えないくらいな状況で、100mと書かれた看板があるのでどこかな? そろそろなんだけどなーと見てたら過ぎていて、『やばいっ』と思ってブレーキングをしてコースオフするギリギリで、アウト側いっぱいに1コーナーに入ったんですけど、膨らみが大きかった所を#1金丸くんに入られて順位をひとつ落としてしまいました」

「昨日の状況と同じで雨の岡山は本当に抜けなくて、ミスをした人が負けるレースなので集中して走りました。何周目かに(8周目)、背後に迫る#35河野くんを認識したんですけど(1.2秒差に迫る)、ミスをしなければ抜かれないので、前を行く#14根本くんを追うことに集中して、背中が見えるとこまで来たところで現れた周回遅れのマシンに詰まって、引き離されてそれ以上追いかけることができませんでした」

●次戦菅生に向けて
 ホームコースの岡山で、2戦連続の7位という結果でポイントが取れず、応援してくださっているファンの皆さま、スポンサーの皆様には申し訳ない気持ちです。次の菅生は5月のレースで入賞するなど良いイメージで挑めます。
 
 チームも僕も着実に力を付けている自負はあるんですけど、予選の1周、レースの組み立てのなかで、良いところを最後まで出し切ることができず“タラレバ”な週末になってしまっているので、菅生では予選の1発1周をミスなくまとめて、2列目以上の順位を取って、レースで表彰台争いをしたいと思います。

※なお、7月29日に中止されたF3第9戦の振替戦(9月9日)は、同日開催された全日本スーパーフォーミュラ選手権 Rd.6の天候の影響による決勝レーススタート時間が変更になったことに加え、雨天・日没の状況により開催が中止された。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します