現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年からマクラーレンF1昇格のノリス、ドライバーラインナップ一新は「チームが新たなスタートを切るチャンス」

ここから本文です
スポーツ 2018.9.9

2019年からマクラーレンF1昇格のノリス、ドライバーラインナップ一新は「チームが新たなスタートを切るチャンス」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンF1への昇格が決まったランド・ノリスは、2019年にまったく新しいドライバーラインアップを擁することは、チームにとって新たなスタートを切るチャンスになると考えている。

 ノリスは2019年シーズンに、マクラーレンでカルロス・サインツJr.のチームメイトとなる。現在のドライバーであるフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンはチームを去ることになっており、アロンソはおそらくインディカーなど別シリーズへの移行を決めている。バンドーンは2019年シーズンには、マクラーレンから放出されることとなった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 アロンソとともにレースに出るという機会があれば、ノリスはその挑戦を楽しんだだろう。バンドーンの現在の苦境を見れば難しい状況とはなるだろうが、しかし結局のところ彼は新たなふたりのドライバーでゼロから始めることが、マクラーレンにとってより良い判断であったと考えている。

「フェルナンドを尊敬しているし、マクラーレンを通じて彼とデイトナで仕事ができたことは素晴らしかった。マクラーレンの歴史を考えると、チームとしてともに向上していくうえでは、カルロスと互いに競い合っていくことがいいと思う」

「もしフェルナンドが来年もチームにいたら、間違いなくチーム改善の助けになっただろうと思う。でもこれまでの何年かを見ていると、優れたチームは時折新たなスタートを切るものだ。特に今のマクラーレンの状況ならね」
 実際、今夏初頭に経営陣の再編成を行なったマクラーレンは、現在技術陣の体制を大幅に変更する過程にあり、トロロッソのジェームズ・キーが2019年のどこかの時点で加入するものと見られている。

 ノリスはサインツJr.と仕事をするのを楽しみにしていると語ったが、将来のチームメイトとはまだ会ったことがないという。

「カルロスと組むことは、良いとか悪いとかいうことではないと思う。彼と仕事ができるということに期待を持っている。まだ彼には会ったことも話したこともないから、楽しみにしているんだ」と18歳のノリスは語った。

「フェルナンドとレースをする機会があればと強く思っていたから、その点は残念だ。将来F1か他の耐久レースで一緒になれることを願っている」

「でもマクラーレンと僕自身にとっては、これがベストなことだと思うよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kat*****|2018/09/10 13:42

    違反報告

    でもザクはあなたよりバンドーンの方が優れてるって言ってるよ。だからバンドーンはトロロッソドライバーに相応しいんだって。トロロッソで雇えとさ。バンドーンのマネージャーは数多くの選択肢があってF1ドライバーとして残るのは当たり前であとは条件なんだとか。ザクもそのうち解雇だな。マクラーレンチームとしては疫病神アロンソがやっと居なくなるので上昇できるかも。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します