現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA、”Bチーム”の誕生を監視「既存チーム間の協力関係には注意している」|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.9.6

FIA、”Bチーム”の誕生を監視「既存チーム間の協力関係には注意している」|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングは、各チーム間の協力関係のレベルが高まり、”Bチーム”が生まれつつある状況を、FIAは注意深く監視していると語った。


 フォースインディアが管財人の管理下に置かれていた間、ワークスチームに仕える”Bチーム”が生まれるのではないかという問題が顕在化した。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 新しいオーナーを得たフォースインディアがメルセデスとの距離を縮め、彼らのBチームとなることを望んでいるのではないかとの懸念があったのだ。そのため当初、新生フォースインディアが旧チームの商業権を保持することを可能にする文書に、ルノーやマクラーレン、ウイリアムズが署名を拒否していた。


 主な懸念点のひとつは、小規模チームが研究開発のリソースに貢献することで、エンジンサプライヤーを支援することができるということだ。これは予算やコストを制限する時代に入れば、さらに重要となってくる。

 ホワイティングによれば、FIAはこれらの懸念を十分に認識しており、フェラーリと提携関係にあるハースが結成されて以来、チームがレースに向かう前にどれだけの研究開発が行われ、それによってパートナーのチームが利益を得ていないかを監視しているという。

「それは我々が懸念すべきことであり、議論すべきことだ」とホワイティングは語った。

「(フェラーリとハースの)協力関係からそれが始まった」

「我々は初めから、どんなことができるのかを正確に分かっていた。規則の抜け穴もあったが、新しいエントラントによって塞がれた。それはハースだからできたことであり、ハースは適切なエントラントとして確立されるまで、既存のチームよりも多くの仕事が必要だった」

「しかし我々が聞いているのは、既存チーム間のアライアンスだ。それについては、非常に慎重に見ていく必要がある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します