現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ライコネン、多重クラッシュに巻き込まれ、続行不可能に「予選結果が悪かったからこういうことになった」:F1ベルギーGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.8.27

ライコネン、多重クラッシュに巻き込まれ、続行不可能に「予選結果が悪かったからこういうことになった」:F1ベルギーGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ベルギーGP決勝で、フェラーリのキミ・ライコネンは8周でリタイアした。スタート直後、ニコ・ヒュルケンベルグに追突されたフェルナンド・アロンソがダニエル・リカルドに接触、態勢を崩したリカルドが前を行くライコネンに当たってしまった。ライコネンは右リヤタイヤがパンクし、マシンにダメージも負い、ピットに戻った後、コースに復帰したものの、結局はリタイアせざるを得なかった。

■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 決勝=リタイア
 リカルドが僕のリヤにヒットしたことで、大きなダメージを負った。フロアやリヤウイングが壊れ、パンクしたタイヤでほぼ1周を走らなければならなかった。(コースに復帰したものの)DRSが開きっぱなしになり、レースを続けることができなかった。理想とはかけ離れた展開だ。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 予選結果が悪かったからこういうことになる。周囲のドライバーたちは、明らかにうまくいかないことをやり始めるんだ。それで僕はヒットされ、レースを終えることになった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します