現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マシンが飛び越える大クラッシュ……”ハロに救われた”ルクレール「ラッキーだった」|F1ベルギーGP

ここから本文です
スポーツ 2018.8.27

マシンが飛び越える大クラッシュ……”ハロに救われた”ルクレール「ラッキーだった」|F1ベルギーGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ザウバーのシャルル・ルクレールは、ベルギーGPの決勝レースで自身のマシンのハロが受けたダメージを見て「ラッキーだった」と感じているようだ。

 日曜日に行われたF1のベルギーGP。その1周目のスタート直後、1コーナー”ラ・ソース”へのブレーキングをミスしたニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)は、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)に激しく追突。アロンソはその前を走っていたルクレールのマシンを飛び越すような格好で、クラッシュした。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 この際、アロンソのマクラーレンは、ルクレールのハロにヒット。もしハロがなければと考えると、ゾッとするようなシーンだった。その一方で、ハロの有効性を証明した事案とも言えた。

「それがなかったら、レースが最終的にどうなっていたか分からない。でも、その(ハロについた)傷を見て、それがあって良かったと思う」

 そうルクレールは語った。

「ハロがあって良かった。見た目は良くないけどね」

 非常に派手なクラッシュであり、マシンに対するダメージも大きかったが、ルクレール自身は幸いにも無傷で済んだ。

 ルクレール曰く、当時は何が起きたのか分からなかったという。当初はアロンソのミスだと感じていたが、後にヒュルケンベルグのミスが原因だったと理解したようだ。

 ヒュルケンベルグには、イタリアGPで10グリッド降格という重いペナルティが科せられたが、ルクレールはヒュルケンベルグに対して「怒っていない」と語り、出場停止には値しないと信じているようだ。なお2012年のベルギーGPで同様の事故の引き金を引いたロマン・グロージャン(当時ロータス。現ハース)には、1レース出場停止の処分が科せられた。

「過去を見れば、ニコは意図的にそういうことをやるようなドライバーではない」

 そうルクレールは語る。

「こういう形のミスに対して、出場停止が正しいとは思わない」

「意図的で危険だった場合、出場停止にするべきだ。しかし、今回はそういう状況じゃない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します