現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クラッチロー、2020年までホンダとのファクトリー契約を更新。LCRホンダからMotoGPに継続参戦

ここから本文です
スポーツ 2018.8.23

クラッチロー、2020年までホンダとのファクトリー契約を更新。LCRホンダからMotoGPに継続参戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月23日、ホンダ・レーシング・コーポレーション(HRC)とLCRホンダ・カストロールは、カル・クラッチローとの契約更新を発表。クラッチローは2020年まで同チームからMotoGPクラスに参戦するとともに、引き続きHRCライダーとして戦うことが明らかになった。

 イギリス人ライダーのクラッチローは2015年からホンダのサテライトチーム、LCRホンダ・カストロールからMotoGPクラスを戦い、今年で参戦4年目。チーム、そしてHRCとは2018年から2019年まで契約を結んでいたが、このほどそれが2020年まで延長された。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 クラッチローは同チームで3度の優勝に加え、2度のポールポジションを獲得している。また、2018年のMotoGPクラスルーキーでありクラス唯一の日本人ライダー、中上貴晶のチームメイトでもある。

 クラッチローは今回の契約更新に際し、「HRCとLCRホンダ・チームとの関係を2020年まで続けることが決まってうれしいよ」とよろこびを語った。

「僕たちはつねに懸命に働いているし、成功も収めた。そして、今後もそれは続いていくだろう。以前、僕が言っていたようにすばらしいサポートをもらっているし、ホンダと(チーム代表の)ルーチョ(・チェッキネロ)、そしてチームから、レースの度に競争力のあるバイクを手に入れることができるんだ」

 また、HRC社長の野村欣滋氏は「カルと契約を延長できてうれしいです。去年はHRCのファクトリーライダーとして、彼と2018年、2019年の契約を行いました。今年、カルはファクトリーライダーとして充分な力強い才能とパフォーマンスを発揮しており、カルとの契約延長を決断しました」とクラッチローを評価。

 チーム代表のルーチョも「少なくとも2020年までカルとともに戦えることをうれしく思う。カルはすばらしい才能を発揮できると信じているよ」とコメントしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します