現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サム・シュミット、負傷したウィケンスの復帰を願う。オーバルの安全性には苦言|インディカーニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.8.22

サム・シュミット、負傷したウィケンスの復帰を願う。オーバルの安全性には苦言|インディカーニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シュミット・ピーターソン・モータースポーツのオーナーのひとりであるサム・シュミットは、大クラッシュに見舞われ負傷したロバート・ウィケンスの復帰の可能性について率直にコメント。オーバルの安全性については変化を望むと語った。

 31歳にしてビジネスマンからレーサーに転身し、インディカーに参戦していたシュミット。しかし2000年にテスト中に大クラッシュを喫し脊髄を損傷、なんとか一命を取り留めた。ただ、四肢に麻痺が残ってしまいドライバー生命を絶たれることになった。

    ウィケンス、胸椎骨折の手術終了。現時点で脊髄損傷の重症度は不明

 それでも彼は車椅子の闘将と呼ばれるフランク・ウイリアムズに倣い、自らチームを設立。チームオーナーとしてインディカーに戻ってきた。

 先週末のポコノでは、皮肉にも彼のチームのドライバーであるウィケンスが大クラッシュに見舞われてしまった。ウィケンスは胸椎の固定手術を受けたが、脊髄損傷の有無やその重症度はまだ分かっていない。

 手術とリハビリがうまくいき、ウィケンスが復帰できると思うかと訊かれたシュミットは、次のように語った。

「そう思うし、そう信じている。私はロビー(ウィケンスのニックネーム)を約1年しか知らないが、彼はレースが人生の一部であり、本当にインディカーを楽しんでいる。インディカーの雰囲気とレースの質を好んでいたし、とてもうまく適応していた」

「彼が自分に競争力があると思ったならば、復帰してくるのは間違いないだろう。彼は大きな挫折を克服することができるタイプの人物だ」

 2011年のラスベガスでダン・ウェルドンがこの世を去ったクラッシュ以来、2014年のミカエル・アレシンや2015年のジェームス・ヒンチクリフなど、大きな事故から立ち直ってきたチームだが、ウィケンスのクラッシュがチームの士気に大きなダメージを与えているとシュミットは語った。

「我々のチームが、最も立ち直りの早いチームでなければならないことに、うんざりしている」

「チームの誰もが情熱を持っており、お金のために働いているわけではない。我々はレーサーであり、毎回勝ちたいんだ」

「ロビーはルーキーにも関わらず、すでにその一員となっていた。チームの他の人々の士気を上げられるような、才能のあるドライバーだ」

「しかしそれこそが、今の状況をさらにつらいものにしている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 David Malsher)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します