現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン育成ランド・ノリス、ベルギーGPのFP1走行が決定。F1デビューに向け一歩前進!?

ここから本文です
スポーツ 2018.8.21

マクラーレン育成ランド・ノリス、ベルギーGPのFP1走行が決定。F1デビューに向け一歩前進!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年のF3欧州選手権のチャンピオンであり、今季はFIA F2選手権に参戦しランキング首位を争っているランド・ノリスが、今週末のベルギーGPのフリー走行1回目(FP1)でフェルナンド・アロンソに代わってマクラーレンのマシンを走らせることになった。

 ハンガリーGP後に行われたインシーズンテストでも走行を担当したノリスは、2019年にマクラーレンからF1デビューする可能性が噂されているが、今回のFP1走行は、その評価の一環であると考えられている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 来季のマクラーレンは、すでにフェルナンド・アロンソの離脱と、カルロス・サインツJr.の加入が決定。残るひとつのシートを、ストフェル・バンドーンやノリスらが争っている。ノリスがF1に乗る準備が整っているのかを確認し、そしてグランプリの週末という大きなプレッシャーがかかる中で見せるパフォーマンスをアロンソやバンドーンと比較するためにも、今回の走行はマクラーレンにとって大きな意味があるだろう。

 また次のイタリアGPのFP1でも、ノリスが走行することになるとみられる。この時には、バンドーンがマシンを明け渡すことになるはずだ。

「これは彼の成長のためだけではなく、マシンの評価とパフォーマンス向上のためでもある」

 スポーティングディレクターのジル・ド・フェランはそう語った。

「我々にとって有益だと考えられる時に、レースごとに戦略的な視点を取る」

 一方、バンドーンは今季非常に苦しんでおり、来季のシートを確保するためには、パフォーマンスを向上させなければならないというプレッシャーに晒されている。

 ノリスがF1に昇格する準備ができておらず、そしてバンドーンの残留も適当ではないとマクラーレンが判断した場合は、サインツJr.のチームメイトを外部から探してこなければならない。その最有力候補と目されるのは、現在フォースインディアから参戦しているエステバン・オコンである。

 オコンは来季に向け、ルノー入りすることを目指していた。しかしルノーがダニエル・リカルドを獲得したことで、その希望は潰えることとなった。

 またオコンが今年在籍するフォースインディアは財政難に伴い、ローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムが救済することになった。これにより、来季のフォースインディアには、ランス・ストロールが加入する可能性が非常に高いと言われている。また、セルジオ・ペレスの残留も濃厚であると言われるため、オコンは他にシートを探す必要性に迫られているわけだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します