現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC:GTEプロクラス2位の91号車ポルシェ、車高違反でレース結果から除外に

ここから本文です
スポーツ 2018.8.20

WEC:GTEプロクラス2位の91号車ポルシェ、車高違反でレース結果から除外に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WEC世界耐久選手権のLM-GTEプロクラスに参戦しているポルシェGTチームは8月19日、イギリス・シルバーストンで行なわれたWEC第3戦シルバーストンで91号車ポルシェ911 RSRがクラス2位となったが、レース後の再車検において車両規定違反が見つかり、失格裁定を受けている。

 リチャード・リエツとジャンマリア・ブルーニがシェアする91号車ポルシェは、フェラーリ、アストンマーチン、BMW、フォードというライバルメーカーのワークスマシンが集う“激戦区”であるGTEプロクラスの最後尾、クラス10番手からレースをスタート。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 序盤こそグリッド順位が仇になり上位に進出することができなかったが、レース中盤に入ったセーフティカーランを機に、3時間過ぎからは徐々に表彰台圏内に近づいていく。ポルシェワークスの片翼を担うマシンはスタートから4時間後にクラス3番手に浮上すると、最後の1時間には優勝したAFコルセの51号車フェラーリ488 GTE Evo(アレッサンドロ・ピエール・グイディ/ジェームス・カラド組)に次ぐクラス2番手に浮上し、そのまま2位でチェッカーを受けた。

 そんな91号車ポルシェだが、レース後の再車検でライドハイト(最低地上高)が規定の50mmを満たしていないことが発覚する。スチュワードの報告書によると当該車両の地上高は48mmだった。ポルシェは車高が下がった理由にタイヤの摩耗が極端に進んだことを挙げたが、スチュワードはこの主張を退けている。

 この結果、第2戦ル・マンに続いて第3戦でもクラス2位表彰台を獲得していた91号車ポルシェは決勝結果から除外されることとなり、代わってフォード・チップ・ガナッシ・チームUKの67号車フォードGT(アンディ・プリオール/ハリー・ティンクネル組)が同2位に繰り上がった。クラス3位には最終盤に67号車フォードと激しい表彰台争いを繰り広げた92号車ポルシェ911 RSR(ミハエル・クリステンセン/ケビン・エストーレ組)が入っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します