現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:トヨタ、ドイツ戦3日目は3台全車がトップ5入り。「これ以上ない状況」とマキネン

ここから本文です
スポーツ 2018.8.19

WRC:トヨタ、ドイツ戦3日目は3台全車がトップ5入り。「これ以上ない状況」とマキネン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月18日に行われたWRC世界ラリー選手権第9戦ドイチェランドの競技3日目。3台のトヨタ・ヤリスWRCで挑むTOYOTA GAZOO Racing WRTは、総合首位のオット・タナクが43.7秒までリードを拡大。またヤリ-マティ・ラトバラが0.8秒差で総合2位争いを繰り広げている。

 前日行われた6SS中5SSでトップタイムをマークして総合首位につけたタナク。競技3日目はステージ優勝こそ飾らなかったものの、コンスタントな走りでステージ上位タイムを刻んで首位の座を守り続けた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 3日目終盤のSS13では13.6秒差の総合2番手だったセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)がパンクで大きくタイムロスしたこともあり、タナクはリードを拡大。オジエに変わって総合2番手に浮上したダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)に対し43.7秒の大量リードを築いている。

 前日、総合5番手だったラトバラは2SSでトップタイムを刻む走りでポジションアップ。ソルドと0.8秒差の総合3番手で走行を終えており、2戦連続の表彰台獲得を射程に収めた。

 残るエサペッカ・ラッピもSS10でステージ優勝を飾ったほか、3SSでステージ2位を獲得して総合5番手を確保。トヨタ勢は3台全車がトップ5入りを果たす好調ぶりをみせている。

 チーム代表のトミ・マキネンは「3台のクルマがトップ5に入るという、これ以上ないくらい、いい状況で明日の最終日を迎えることになった」と最終日への展望を語る。

「オット(タナク)はリードをとてもうまくコントロールし、明日はまだ何本か長いステージが残っているが、充分なタイム差があり、余裕を感じている」

「また、ヤリ-マティ(ラトバラ)がライバルと僅差の戦いを楽しんでいる姿を目にしてうれしく思うよ。ヤリ-マティとエサペッカ(ラッピ)は明日さらに順位を上げるチャンスがあり、彼らが大きな自信を持っているように見える」

 第8戦フィンランドからの連勝に期待がかかるタナクは「今日もまた良い1日となった」としたものの、午前中は厳しい戦いを強いられていたという。

「これまでとは違うタイプの道をこのクルマで走ることに慣れなければならず、午前中は簡単ではなく、タイム差も小さかったのでかなり激しくプッシュする必要があったよ」

「しかし、日中のサービスで施したセッティング変更がうまく機能し、正しい方向に進んだ結果、午後はフィーリングがとてもよくなった。 今は心からクルマを楽しんでいるし、快適に運転できている」

 僅差の総合2位争いを繰り広げるラトバラは「非常に小さなタイム差で1日を終えた。このような戦いは本当に楽しいし、明日もバトルが続くことを楽しみにしている」とコメント。ラッピも「総合4番手の選手とのタイム差はとても少なから、明日どのような展開となるのか楽しみ」と述べている。

 競技最終日となる19日(日)はSS16~18の3SSで構成。このうちSS16~17は競技2日目と同様、ぶどう畑のなかを抜ける峠道が舞台となる。最終ステージのSS18はステージ上位5名にボーナスポイントが与えられるパワーステージだ。

 3SS合計の走行距離は72.18km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は240.37kmとなっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します