現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スポット参戦の中山とオリベイラが話す不安と期待。「すごく難しい」現在のスーパーフォーミュラ

ここから本文です
スポーツ 2018.8.17

スポット参戦の中山とオリベイラが話す不安と期待。「すごく難しい」現在のスーパーフォーミュラ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ツインリンクもてぎで8月16~17日に開催される、全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦。後半戦の幕開けとなるこの大会に、ふたりのドライバーが代役参戦として2シーズンぶりにスーパーフォーミュラに参戦する。中山雄一とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラだ。

■中山雄一「いったんすべて忘れて走れることを楽しみたい」
 2016年ぶりに、かつて在籍していたKCMGからスーパーフォーミュラに参戦する中山。レギュラードライバーである小林可夢偉がWEC世界耐久選手権に参戦するため、代役参戦として第5戦に登場した。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 金曜専有走行を前に中山に話を聞くと、スーパーフォーミュラに参戦していた3年間の悔しさが伝わってきた。

「参戦しなくなってから、スーパーフォーミュラは見るレースになってしまいました。あのころと今のレースを比較しながら、悔しさや『あのときこうだったら』という思いなどがあるなかで、今回のお話をいただいたんです。またスーパーフォーミュラで走れることについて、僕のなかでいろいろな感情があります」

 中山は2014年から2016年までKCMGからスーパーフォーミュラに参戦していた。しかし、その3シーズンは思うような結果を残せず、ランキングも低迷。2017年にはシートを失った。

「うまくいかなかった3シーズンで、ほとんどが自分の思い通りにいかないレースばかりでした。悔しい気持ちでシーズンを過ごして、スーパーフォーミュラに乗れなくなってしまいました。だから、スーパーフォーミュラに対して、僕のなかではいいイメージがありませんでした」

「でも、今回のように1回限りで走るなかでは(そういったイメージは)足かせになると思うので、すべて忘れてこの環境で走れることを楽しみたいです」

 2シーズンぶりに乗るスーパーフォーミュラに対し、不安もある。

「どんなクルマだったか、体が忘れていると思うので、どのレベルで自分が走れるのか不安はあります。外から見ていてもスーパーフォーミュラはすごく難しいんです。僕が乗っているときもそうでしたが、そのときより(難しい)。(今回のレースで)トップだった選手が次のレースに行くと最下位になったりしますからね」

 タイヤも変わった。中山が参戦していたころのスーパーフォーミュラは、ミディアムの1スペックのみ。2016年のもてぎ戦では今シーズン同様にミディアムとソフトの2スペックタイヤを経験しているが、もちろん今シーズンのタイヤで走行したことはない。

「2016年のソフトタイヤが今シーズンのミディアムになっている感覚だと思います。2016年よりもミディアムとソフトの差がはっきりと出ているようです。レースでは、予選がだめでも決勝では追い上げるチームやドライバーがあったりします。その点、どんなことが起きるかわからないから楽しみですね」

 最後に、今大会での意気込みを聞くと、「ルーキーのつもりで戦いたいです」とはにかんだ。

「具体的な目標で言うと、これまでスーパーフォーミュラでは1.5ポイントしか取っていないのでそれを更新したいんです。それから、予選でQ3に行ったことも2回しかないから、Q3に行きたいですね。Q3に行くと、Q1、Q2とはまるで違った予選が待っているんです。そのときのマシン、路面感覚を体感したいです。自分の力を最大限に発揮出来たら、楽しいだろうなと思います」

 あくまでの2016年までの思いは抑えて戦いたいと語る中山。しかし言葉の端々から当時のレースを雪辱したい気持ちが感じられた。

■ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ「ステップ・バイ・ステップで前進」
 中山と同じく、オリベイラも2シーズンぶりのスーパーフォーミュラ参戦となる。可夢偉同様にWECに参戦する、中嶋一貴の代役だ。VANTELIN TEAM TOM’S 36号車のステアリングを握る。

 オリベイラは「VANTELIN TEAM TOM’Sでスーパーフォーミュラに参戦できて、とてもうれしいよ」と今回のエントリーについて喜びを表した。しかし一方で、やはり今季から導入された2スペックタイヤが気にかかっているようだ。

「最後にスーパーフォーミュラをドライブしたのは(2016年最終戦の)鈴鹿だった。それからタイヤが違っているから、この週末でタイヤについて学ぶ必要がある。ステップ・バイ・ステップで前進していきたいと思っているよ」

 オリベイラにとって2018年のミディアム、ソフトのヨコハマタイヤを経験するのは今週末が初。久々のSF14に慣れるとともに、タイヤのフィーリングもつかまなければならない。

「ソフトタイヤでもレースではロングスティントが可能だと聞いている。今日(の専有走行)ではミディアムタイヤだけを試すつもりだ。そして明日、ミディアムとソフトを比べたい。どう違うのかなどをつかむことがポイントだ」

 スーパーフォーミュラの前身であった全日本選手権フォーミュラ・ニッポンと、スーパーフォーミュラ参戦時にオリベイラはもてぎで4勝を挙げている。そんなもてぎの印象について聞くと、「このサーキットではいい思い出がある。もちろん、シーズンの途中で参戦して、トップドライバーと争うのは難しいところはあるけれどね」とオリベイラ。

「でも、チームの助けになりたいし、チームにいい情報とマシンの改善を提供したいと思っている。それから、ポイントを獲得したいね。スポット参戦で結果を出すのは難しいかもしれないけれど、可能だとも思っているよ」

 2シーズンぶりのスーパーフォーミュラ参戦で、ベテランの老獪さを見せるか。スーパーフォーミュラ第5戦は、“帰ってきた”ドライバーふたりの、それぞれの戦いにも注目したい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します