現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 北米ピレリ・ワールドチャレンジ第5戦、好調ヒュンダイ勢が2戦連続のワン・ツー

ここから本文です
スポーツ 2018.8.17

北米ピレリ・ワールドチャレンジ第5戦、好調ヒュンダイ勢が2戦連続のワン・ツー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今季からシリーズ内にTCRクラスが創設されたPWCピレリ・ワールドチャレンジの第5戦がユタ・モータースポーツキャンパスで開催され、アキュラワークスのリアルタイム・レーシング(RTR)最大のライバルとなっている、強豪ブライアン・ハータ・オートスポート(BHA)のマイケル・ルイス(ヒュンダイi30 N TCR)が、チームメイトを従え連日のワン・ツー・フィニッシュを飾った。

 ポイントリーダーとしてユタの週末を迎えたRTRのライアン・エバースレー(FK8ホンダ・シビック・タイプR TCR)に対し、予選から速さをみせたヒュンダイ・カスタマーチームのBHA勢は、ルイスがただひとり1分58秒台を記録してのポールポジションを奪取。フロントロウにホンダのエバースレー、セカンドロウにBHAのマーク・ウィルキンス(ヒュンダイi30 N TCR)が並ぶ直接対決の構図となった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 そのままの勢いで迎えた同日土曜のレース1では、スタートからBHAが攻勢をみせ3番グリッドのウィルキンスがエバースレーをかわして早々にワン・ツー体制を構築。

 レースを通じて2台のヒュンダイを追ったFK8シビックだったが、今季TCRカテゴリーで世界的に強さを披露するヒュンダイのペースについていくことができず、じりじりと離される展開となっていく。

 その後方では、ムリーロ・モータースポーツのマット・ファスナハト(アウディRS3 LMS)が力強いレースをみせ、7番グリッドからエバースレーの後方4番手にまでポジションアップ。

 その後も中団ではポジションを入れ替えてのバトルが多発したが、15分間、20周のレースでBHA勢の支配は変わらず、ルイスが2.6秒後方にチームメイトを引き連れての完勝。エバースレーは約16秒遅れの3位表彰台となった。
 続く日曜のレース2でもRTRの苦戦は続き、エバースレーがスタートでまさかのポジションダウン。セカンドロウからの発進もオープニングラップで8番手までポジションを落としてしまう。

 時を同じくして、アンソニー・ゲラチのアウディRS3 LMSとネイト・ヴィンセントのフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRが絡み、両車がコースオフするアクシデントが発生。2台ともに自走でピットへと帰還するも、修復困難でリタイアとなってしまう。

 一方、中団に沈んだエバースレーはその後もパックのなかで前走車をかわしてのレースとなり、首位を行くヒュンダイ勢にチャレンジすることはかなわず。

 終盤には3番手を走行するも、混走クラスのクラッシュによるセーフティーカー・ランが明けると、背後には前日に快走を見せたファスナハトのアウディがテール・トゥ・ノーズで迫り、数周にわたってプレッシャーを受け続ける展開に。

 この猛攻をしのぎ切ったエバースレーは、ファスナハトをわずか0.7秒差で抑えきり表彰台を死守。かろうじて選手権首位の座を守り、チャンピオンシップへの望みをつなぐレースとなった。

 これで週末2連勝を飾ったBHAのルイスは、ポイントスタンディングでエバースレーのわずか3ポイント差に迫る2位に浮上。同じく僚友のルイスも21ポイント差のランキング3位で追走する展開となっている。

 いよいよ次戦が最終戦となるPWCのTCRクラスは、9月1~2日に北米随一の名トラック、ワトキンスグレンで初代王者が決まる決着の時を迎える。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します