現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『BMWコネクテッド・ドライブ』に新機能を追加、スマホアプリも日本導入へ

ここから本文です
スポーツ 2018.8.9

『BMWコネクテッド・ドライブ』に新機能を追加、スマホアプリも日本導入へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWが現行ラインナップでの拡充を続けている『BMWコネクテッド』は、最先端テクノロジーを活用して車両とオーナー、そして情報をつなぐことでモビリティ・ライフをサポートする機能を持つコネクティビティだが、この『BMWコネクテッド』に新機能が追加されると同時に、新しいスマートフォン用アプリ“BMW Connected”をローンチ。iOSのみの対応ながら、8月3日から日本市場でも導入が開始されている。

 安全運転支援機能のADASと並んで、いまや自動車メーカー各社がしのぎを削っての開発・導入を続けているコネクティビティ機能の分野で、輸入車メーカーの先駆けとして2013年に日本市場への導入を開始したBMWは、車載通信モジュールによりドライバー、クルマ、そして取り巻く情報をITネットワークでつなぐことで、「もしもの時に備える万全の安全性」、「カーライフを進化させる革新の利便性」、「充実の情報と最新のエンターテインメント」を提供する総合テレマティクス・サービスとして『BMWコネクテッド・ドライブ』を展開してきた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 今回、BMWコネクテッド・ドライブに新たな機能を追加するとともに、より利便性を高めたスマートフォン向けアプリは、従来のBMW Connected、BMW Remoteなど複数のアプリで分散的に提供されてきた各機能を"BMW Connected"アプリに統合し、オープン・モビリティ・クラウド技術を活用した新しいパーソナル・アシスタント・サービスとして生まれ変わった。

 この新アプリ導入と同時に地図、車両情報、メンテナンス・サービスの3つの分野で導入された新機能は、地図機能に関してスマートフォンがBluethoothで車両に接続された直後、ワンクリックで車載ナビゲーション・システムの目的地設定が可能となる“Send To Car(センド・トゥ・カー)”や、出発時間通知、位置情報と最新の道路状況を加味した到着予想時間を、SMSで友人や家族、待ち合わせ相手などに簡単に知らせることができる“Share Trip Status(シェア・トリップ・ステータス)”など数多くの機能を追加。

 ショッピングモールの広い駐車場などで車両の位置が分からなくなった場合でも、駐車した車両の位置を地図上で特定できる"リモート車両サーチ"なども、今回の改良によって、車両までの徒歩ルートを地図上に表示可能となっている。
 また車両情報に関する機能では、車載カメラによる映像をスマートフォン上で確認でき、離れた場所から車両の周辺状況を映像で確認できるリモート3Dビューや、車両とは離れた場所から、ドア及びウィンドウの開閉状況を確認可能なドア/ウィンドウ開閉機能を追加。

 メインテナンス・サービス面では、サービス・リマインダーをアプリ内でも確認できるようになったほか、ディーラー検索/予約、オーナー向けサイト「BMW Service Lounge」と連携したキャンペーン情報、BMWサービスの紹介記事を閲覧可能なBMWニュースなどが提供される。

 その他、車載機能ではBMW SOSコールやBMWエマージェンシー・サービス、バッテリーガード、BMWオンライン、BMWドライバー・サポート・サービスなどは従来から引き続き利用可能となっており、アプリでもリモート・クライメート・コントロール、リモート・ドア・ロック/アンロック等の機能も提供されている。
BMW カスタマー・インタラクション・センター:0120-269-437
BMW インターネット・ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します