現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ディ・ギャナントニオMoto3初優勝! 大激戦を制す。真崎13位、鈴木14台抜き14位|Moto3ブルノ決勝

ここから本文です
スポーツ 2018.8.5

ディ・ギャナントニオMoto3初優勝! 大激戦を制す。真崎13位、鈴木14台抜き14位|Moto3ブルノ決勝

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第10戦チェコGPのMoto3クラス決勝レースが行われ、ファビオ・ディ・ギャナントニオがトップチェッカー。Moto3での初優勝を果たした。

 好スタートを切ったのは、地元チェコ出身であり、自身初のポールポジションを獲得したヤコブ・コンフェイル(Redox PruestelGP)。以下マルコス・ラミレス(Bester Capital Dubai)、ガブリエル・ロドリゴ(RBA BOE Skull Rider)とKTMのマシンが上位を占めた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 コンフェイルは先行逃げ切りを図ろうと、序盤からハイペースで飛ばしていく。そうはさせじと、ロドリゴは集団からの抜け出しを図るが、これはうまくいかずに集団に飲み込まれてしまう。

 3周目、鳥羽海渡(Honda Team Asia)がターン4で大クラッシュ。ウォールに叩きつけられ、自力では立ち上がることができず、コースマーシャルに救出された。

 一時は後続を大きく離したかに見えたコンフェイルだったが、5周目に集団に追いつかれ、ポジションを落とす。代わって戦闘に立ったのは、アロン・カネット(Estrella Galicia 0,0)らだった。ただレースは大混戦。約20台がひとつの集団になるような形である。最後尾スタートとなった鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)もこの集団に加わっており、着実にポジションを上げていった。また真崎一輝(RBA BOE Skull Rider)もこの集団に食らいついている。

 レース中盤は毎周のようにポジションが入れ替わる展開。しかし誰もここから抜け出すことができなかった。

 この大集団のまま、レースは残り3周というところに。この時点で首位を走っていたのは、フィリップ・エッテル(Sudmetal Schedl GP Racing)だったが、ファビオ・ディ・ギャナントニオ(Del Conca Gresini Moto3)がこのポジションを奪って残り2周に入った。

 しかしそのターン1で、コンフェイルが首位を取り戻す。ただターン10でコンフェイルがミスしたところを見逃さず、ディ・ギャナントニオが首位に。しかしコンフェイルがトップを奪い返して最終ラップに入った。

 最終ラップは、毎コーナーで首位が入れ替わるかのような展開。ただ、コンフェイルがミスしたことで、ディ・ギャナントニオとカネットの一騎打ちとなる。

 結局、ディ・ギャナントニオがトップチェッカー。Moto3初優勝を果たした。2位にカネット、3位には地元コンフェイルが入った。

 真崎が結局13位、鈴木は14台抜きの14位でフィニッシュした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します