現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、打倒フェラーリを誓う「追いつくまで、休むことはない」|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.7.29

メルセデス、打倒フェラーリを誓う「追いつくまで、休むことはない」|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、現状ではフェラーリに遅れを取っていることを認めると共に、追いつくまで休むことはないと語った。

 次のアップグレードでフェラーリに追いつくことができるか? それともこの差のままなのかと尋ねられたウルフは、motorsport.comに対して次のように語った。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

「いや、現状の満足するわけにはいかない。挑戦者という立場になるのは良いことだ。2013年以降、我々は挑戦者ではなかった。そして、ベンチマークであり続けるのは難しいことだ」

「フェラーリのパフォーマンスレベルがどこにあるのか、それを理解することができた。コース上でも、それを見ることができている。そして我々は熱心に働き、彼らに追いつくことはモチベーションになっている。それが実現できるまで、我々は休むつもりはない」

 しかしウルフは、フェラーリに追いつくのは簡単なことではないと語る。

「非常に複雑なことだ。単純なことでは全然ない。レギュレーションが成熟しているため、信頼性を損なうことなく、性能を引き出すのはとても難しい。パフォーマンスを向上させる時には、信頼性も検証する必要があるのだ」

「結局のところ、パフォーマンスで10%向上させるためにリタイアを喫してしまったら、その10%以上にチャンピオンシップで大きな痛手となる。今より多くのパフォーマンスを引き出すのは、非常に複雑なことだ。とても挑戦的な目標だ」

 フェラーリが何をしてパフォーマンスを上げているのか、それを解明したのかと訊くと、ウルフは次のように答えた。

「そうではない。この数レースで、パフォーマンスがはるかに高いことが分かっただけだ。そしてそれはますます増してきている」

「彼らと同じところに行こうと思っているわけではない。我々はただ、シャシーとエンジンの両面の開発を推し進め、さらなるパフォーマンスを見つけるというだけだ。それは些細なことではない。とても複雑だ。でも、それをやらなければいけない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Additional reporting by Adam Cooper and Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します